「響きわたるシベリア杉」に掲載の杉の実のオイル等を販売アナスタシア・ジャパン

ニュース&イベント

Shop Info

店長日記

よくある質問

お客様の声

ロシアからのニュース

お取り扱い店

ホーム店長日記
店長日記
店長日記:266
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 14 次のページ»
2017年09月15日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です。
コスモスが咲きはじめましたね☆

さて、先日店長日記にも書かせていただいた、
わたしの尊敬する臼井健二さんと朋子さん。
おふたりは、日本が高度成長期の真っただ中にいた1979年に
自然共生型の宿「舎爐夢(しゃろむ)ヒュッテ」を
セルフビルドされました。
当時はまだ、
パーマカルチャー、ベジタリアン、自然農、自然食品なんてことが
理解どころか、
まったくもって人々の意識に存在していなかった時代です。
そんなころから、自然と寄り添った美しい暮らしを実践され、
ご自身の敷地を美しい園に変容されました。
彼らの暮らしは、まさにアナスタシアのいう『祖国』を彷彿とさせる暮らし☆

そんな彼らの美しい暮らしを紹介している本がありました!
パーマカルチャー事始め


読んでいると、ワクワクします☆
あ~、こんなたのしくて豊かな暮らしができるのね!
うんうん、これ、挑戦してみたーい☆
と思うことばかり。

とにかく、祖国やダーチャをつくりたいひとには、
まずは、「事始め」としてご一読いただきたい本です!
図面だったり、失敗から生まれた妙案だったりと
衣食住の暮らしが幅広く網羅されていて、
実践スタートキットのような、
先駆者から学べる、ありがたい本なのです。

また、まだ祖国やダーチャづくりまでは・・・という方には、
こんなステキで楽し〜い暮らしがあるってことを知るだけで
視野が広がるたのしい本なのです。

参考になること間違いなし!
多くの方に読んでいただき、こんな美しい暮らしが可能であることを
知ってもらいたいです(ハートマーク)

詳しくは →『監修のおすすめ』コーナー
2017年09月08日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆

カラスと女の子の、あまりにも可愛い記事を読み、
胸がときめきました☆
すてきっ!☆☆☆

カラス「これ、お礼です」。
4年間エサを与え続けた少女に素敵なカラスの恩返し
FUNDOさん
2017年08月31日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆
今日の岐阜は、秋の青空がなんとも美しいです。

2週間前に長野県原村のお茶会に参加させていただいたことは、
先日の日記に書かせていただきました。
でね、翌朝は、原村の朝市にご案内いただいたんです。
そこで、なんと!
あのスナジグミを発見したのであります!!!

そう、アナスタシアの方法に則ってシベリアで作っている
シベリアンシダーナッツオイルには、
スナジグミのエキスが入ったタイプもあるんです。

詳細についてはこちらをクリックしてくださいね→シベリアンシダーナッツオイル スナジグミエキス入り

日本ではまだ馴染みのないスナジグミ。
そのため、いつも説明に苦労しているのですが、
なんと、そのスナジグの栽培が
原村と北海道ではじまっているというのです!
おー!

で、原村の朝市で発見したスナジグミは、
実だけがパックされているものと、
実がついた枝のタイプの2種類がありました。



シベリアで食べたものより、若干酸味が少なくて
食べやすいなって思いました。

そもそもスナジグミは、スーパーフードとして今注目のポリビタミン植物。
ビタミンC、ビタミンA、ビタミンE、食物繊維、鉄分、亜鉛、不飽和脂肪酸・・・
とまあ、ベリーの中でも栄養価が高く
体の酸化を防ぐ不飽和脂肪酸が含まれているんです。

さらに、スナジグミの果実と枝の樹皮は、
神経系の活動に不可欠なセロトニンを含んでいるので、
ロシア、北欧そして東欧では、昔から薬草として民間医療に用いられています。
最近になって日本でもやっと注目を浴びはじめている
スーパーフードなんですね☆

シベリアの祖国でも、そしてエストニアの祖国にも、
スナジグミが植えられていましたよ☆

スタッフにも生のスナジグミを食べてもらいたくて
苦労して、岐阜まで持って帰りました~。


(3日間クーラーボックスの中で揺られ、共に旅をしたスナジグミは、
さすがに岐阜に到着したころには、若干お疲れのご様子でした)

ちなみに、原村の朝市は楽しすぎて危険です。
お財布がすっからかんになりました(笑)
でも、一生モノの土鍋や、
原村ならではのお野菜、スイーツなどを堪能させていただきました☆
自然栽培のお野菜などもあって、感動ぅ☆
2017年08月25日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆
立秋の日、まるで暦を知っているかのように
秋の虫とツクツクホウシたちが鳴きはじめました。
秋はもう目の前なんですね~
それにしては猛暑がかなり続いていますが・・・☆

先日、信州での3日間のお茶会から戻ってきました。
この3日間だけでもいろ~んなことがあって
感じたことを上手くまとめられそうにありません。

お茶会の主催者さんや参加くださったみなさんと
あたたか想いの交流ができたように実感しています☆
あたたかい想とは、理論的に説明できるものではなくて
ことばで表現しきれるものでもない。
ただただ、心底あたたかい、純粋なあたたかい想いです。

信州のお茶会トップバッターとなった長野県原村で1泊したのですが、
夜はRing Linkさんのお庭でたき火を愉しませていただきました。
炎を眺めて、ホーっとできて
幸せなひとときでした☆
そして、なぜかキリギリスのご夫妻(?)が交互にわたしの頭にのぼってきては
額をモサモサしていて・・・
あれはなんだったんだろう(笑)
実はそのときアリも1匹のぼってきていて・・・
もしかして、『アリとキリギリス』っていうメッセージ?(笑)

そうそう、Ring Linkさんは名前のとおり、ひととひとをつなげる場。
カフェもやっていらっしゃって、
「アナスタシア」シリーズの書籍もお買い求めいただけるようになりました☆
感謝(ハートマーク)!

それでね、翌日の佐久と安曇野でのお茶会は、大雨注意報が出ていたらしいんですが
ちゃんと晴れました~☆

佐久でもすてきな方々にもお会いできたし、
主催者さん推薦のお宿が、これまた美しかった!
以前、店長日記でタイニーハウスについてはご紹介しましたが、
少し前に本屋さんで見たムックに
「こんなタイニーハウスだったら住みたいわん♪」
と思ったタイニーハウスがあったんです。
で、なんと今回泊まったお宿が、
偶然にもそのタイニーハウスを建てた方のところだったんですね☆

細部までこだわり抜いた美のタイニーハウス
その名も『山村テラス


祖国やダーチャの家へのインスピレーションになると思います。

そして最終日のお茶会は、安曇野にあるゲストハウス シャンティクティさんで開催されました。
私の尊敬してやまない
シャンティクティのオーナーの臼井ご夫妻もお茶会に参加してくださって、
嬉しいの半分、緊張するの半分でした(笑)

お茶会終了後、臼井健二さんが直々に
パーマカルチャー満載の敷地をご案内くださいました。
祖国をつくる方は、必見&必体験ですヨ!
「アナスタシア」シリーズを読まれる前から、
いえ、ロシアでこのシリーズが書かれるずっと前から
臼井ご夫妻は、美しい暮らしを実践なさっていらっしゃったのですから!
そして、わたしはいつも、臼井さんの発明精神に圧巻するのです☆

そのあと、奥様の朋子さんがお庭のお野菜をお料理してくださり
なんとも美味しい夕食を
主催者さんや私たちもご一緒させていただきました。
実はこの日、自分の食いしん坊のせいで、おなかの調子がすぐれなかったのですが、
朋子さんの梅の黒焼きと、梅生姜番茶に救われ、
助かったのでありました。

わたしの大好きなおふたりに、こんなによくしていただいて、
そしてたくさんの読者さんと、あたたかい想い交流ができて
あ~ギフトな一日だったな~って
幸せいっぱい、あたたかい想いいっぱいで
お腹もいっぱいにして
岐阜に戻ったのでありました☆

主催くださったみなさま、お手伝いくださったスタッフさんたち、
そして参加くださったみなさま
あたたかい想いをともにわかちあってくださって
ありがとうございました!

追伸:八ヶ岳つながりで、こんなニュースが入りましたよ☆
八ヶ岳登山口にある富士見平の山小屋に、
複合発酵の「あ・うんユニット」のおトイレが設置完了したそうですよ!
微生物の力もお借りして、山が本来の美しさを保てますように☆

詳しくはここをクリック
2017年08月13日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆
みなさまお盆はいかがお過ごしでしょうか。

今日は、
「アナスタシア」シリーズのお取扱店さんとの
嬉しかったことをシェアさせていただきますね☆

全国にいらっしゃる「アナスタシア」シリーズのお取扱店さん。
彼らの多くが、「アナスタシア」シリーズを読んで感銘を受けられて、
このシリーズを取扱ってくださっています。
最近、その数件のお取扱店さんから、こんなお話しを聞きました。

「ある日ね、うちのお客さんじゃない新規のお客さんが
うちのお店に「アナスタシア」の本を買い求めに来てくれてね、
それでついでにコーヒーも飲んでいってくれたの。
少しお話しして、「アナスタシア」で盛り上がってさ、
それからたまに顔を出してくださるようになってね。
そういう新しいつながりが
生まれてるんだよね」

それから、別のお取扱店さんで
「アナスタシア」のお茶会を主催してくださったお店の方は、
こんなことをおっしゃっていました☆

「お茶会の参加は、およそ半分がうちのお店の常連客で、
あとの方たちはまったく知らない方達だったんです。
そして、お茶会が終わってからも、
この知らなかった方たちも、お店に来てくださるようになってね。
お店で、「アナスタシア」で盛り上がっていますよ~。
これは、私たちも予想も期待もしていなかったことなので、
こういうつながりが、とても嬉しんいです」

そう、このお店の方たちは、
お店を10年も20年も前からずっと経営されてきている。
お店によっては、ビーガンカフェだったり、自然食品店さんだったりして、
彼らがお店を開いた当初は、とにかくそういうことに一切理解がなかった時代だった。
だから、さぞかしご苦労が多かったんだろうと想像できる。
そんな昔から、
わたしたちの社会のこと、環境のこと、未来のこどもたちのことを思って
ここまで続けてくださっているお店・・・。
その長い時間の中には、
困難や嬉しいことや、
さまざまな出来事にぶち当たっていらっしゃったはず。
だから、彼らのお店、その空間のすべてが愛おしい。
それらはなにひとつ、一瞬にして出来上がったものははないのだから。

そういうお店に
「アナスタシア」シリーズをおいてくださることは
私たちにとって、本当にほんとうに、ありがたいこと☆

そして、さらにそのお店に読者さんが出向いてくださり、
「アナスタシア」をとおして
新しいつながりが生まれている☆
それぞれの地域に、
コミュミティ内のつながりが生まれている☆

それは、お店にとっても、読者さんにとっても、わたしたちアナスタシア・ジャパンにとっても、
そして地域社会にとっても
とってもいいこと☆
この相乗効果が、わたしは心から嬉しい☆☆☆

お取扱店さんのお店だって
「アナスタシア」シリーズの本だって
一瞬でできたわけではないし、
それを手に取ってくださる読者さんだって、
一瞬で現状に至ったわけではない。

だから、すべてはエネルギー!
「アナスタシア」シリーズの本をとおして、
あたたかい想いというエネルギーの交流が起きている☆

人は、これを「経済活動」と
ひと言でまとめてしまうかもしれないけれど、
そんな軽い言葉でまとめないでほしいと思うの。

だって本当は、
わたしたちがスーパーで玉ねぎを1玉買うことも
実は、
スーパーの店員さんの思い&苦労、
玉ねぎ農家さんの思い、
運送屋さんの思い、
そして、玉ねぎという植物や
それの成長を助けたすべての動植物や気候、
すべてのすべての思いがあって
私たち消費者は、この玉ねぎを買うことができる。
なにひとつ、一瞬でできたものは、ここにもない。

この想いが、あたたかければあたたかいほど、
エネルギーは高い。

「アナスタシア」シリーズの本をとおして
高いエネルギーの交流が起きていて、
読者さんたちも、その交流の中にいる!
そして、その感覚は、
体感した者ならわかると思うけれど、
本当に、あたたかい!

すべては、あたたかい想いというエネルギーの交流なんだと
改めて思ったのでありました☆

お近くのお取扱店さんは →こちら
2017年08月04日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆
チンチンに熱されたフライパンの上で生きている感じがしている
今日この頃。
みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

さて、先日7月26日にmm booksことマーマーマガジン
服部みれいさんと福太郎さんが
アナスタシア・ジャパンにお越しくださり
みんなで持ち寄り夕食会をしました☆

ま~とにかく、アナスタシア・ジャパンは
マーマーさんには大変たいへんお世話になっているのです☆
マーマーさんは、当シリーズのお取扱店でもありますし。

そして、ここまでよく簡潔明瞭にまとめるなー、さすが!
という質の高いマガジンを発刊されています。
アナスタシア・ジャパンでも、「監修のおすすめ」コーナーにて
美しい暮らしに役立つ号のマーマーマガジンを
取扱いさせていただいています。

さて、マーマーさんとのお付き合いはいつ頃から始まったのか☆
3年前にマーマーさんが、わたしたちと同じ岐阜県に引っ越されてからのですね。

マーマーマガジンで「アナスタシア」シリーズの紹介をしてくださっていて、
それを読んで、「アナスタシア」読者になられた方も多いのです。

で、マーマーさんの移転先である岐阜県美濃市のお店にも何度かおじゃまし、
ゆっくり食事でもしましょー
と言ってから、時間だけが過ぎてしまい、
2年越しで、この夕食会が実現したのでありました☆

みれいさんたちは、
ジャガイモのオイル蒸しケッパー添え、アラメの煮物、それから素揚げナスの美味しいお料理
を持ってきてくださいました。
わたしたちも数品作っていたので、
ま~テーブルいっーぱいにお料理が並び
豊かな夕食会となりました。

お料理も美味しかったのはさることながら
交流がとっても豊なひとときとなりました。
「交流」とひと言でまとめるのが
なんだか物足りないんだけれど・・・
つまり、会話の内容と質、想いのシェア、エネルギーの交流ってことです。
改めて、この方たちはわたしたちと同じ方向を向いて
日々、前進されているんだ☆
あー、同志が近くにいる!
って思ったんですね。

同じようなことを夢みていたり
同じような課題に直面していたりしていて☆
同志がいるって、本当に幸せなことね!

そして、あたたかい想いを感じることのできる仲間の輪が
着実に広がっていて、
それが強化されていることを実感した1日となりました。
感謝☆
2017年07月21日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です。

先日の山陰でのお茶会が終わったあと、
念願のHAKUSENさんにおじゃまさせていただきました☆

HAKUSENさんとは、鳥取県の東郷湖に面した場所にある
カフェ&古本屋さんです。
奥さんが「アナスタシア」シリーズの読者さんでいらして、
本当は古本屋さんなんですが、当シリーズを愛してくださっていて
昔から当シリーズを取り扱ってくださっているんです☆

でね、ご存知の方もいらっしゃると思いますが
わたしはカフェマニアなんですね。
HAKUSENさんにおじゃましたいと、
ずーっとずーっと思って、あたためてきていました。
そしてこの度、その願いが叶い
お茶会の翌日に、ご挨拶も兼ねておじゃまさせていただいた
というわけなんです!

なんて美しく、あたたかい空間なの(ハートマーク)!☆

この審美眼は一夜で育つようなものではありませんね。
ミニマムでありながらも、
さりげないアクセントが、カフェの空間にちりばめられ、
さらに、
湖の真横という立地、
そして窓から望む、キラキラ反射する湖面。
安心材料で手作りされたスイーツや、最高に美味しいコーヒー☆
すべてがゆるやかに流れている☆

そんな、あまりにも美しーい空間に
「アナスタシア」シリーズが置いてあって
自然と涙がこぼれ落ちました。

そう、これはわたしの夢のひとつだったんです!
言葉では説明できない、あたたかーい思いになりました。
感謝☆



オーナーさんご夫婦の、さりげない
そして、とてもあたたかく心のこもったおもてなしに
胸をうたれました。
ありがとうございました!

そして、この私の夢を実現してくれた
澤田葉子さん、川崎恵子さんをはじめ、みなみなさま
本当にありがとうございました!

山陰の方、旅行で山陰に行かれる方、カフェマニアさんは
ぜひ、HAKUSENさんを訪れてくださいね。

HAKUSENさんの詳細は→HAKUSEN
2017年07月14日
#youforG20コンテストのメグレさんの『一族の土地』プロジェクトに
多くの方が投票してくださったり
また、情報を拡散してくださって、
本当にありがとうございました!

結果の情報が入りましたら、
ご報告させていただきますね☆

さて、またまたアナスタシアの発言を思い起こさせる
植物についての研究結果が出ています。

植物には知性や感情があると考える科学者が急増しているようです

下記の記事を読んで、本当にビックリしました!
わたしたちは、自然について何も知らない・・・
そして、地球という星は、ひとつの超生物なんだな~って思いました。
そして、わたしたち人間は、その地球の細胞のひとつ。

また、5巻に登場する微生物の話を思い出しました。
科学が、アナスタシアの発言にやっとついてきているのかも☆


karapaia.comさん
2017年07月07日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂です。
#youforG20コンテストのメグレさんの『一族の土地』プロジェクトに
多くの方が投票をして下さり、ありがとうございます!

本日7月7日が投票締め切り日です☆
ドイツの時間は、日本より8時間遅れていますから、
投票ができる方は、早めに済ませてくださいね!

ご協力、ありがとうございました。

さて、話題を変えますね☆
植物は音に反応し、
しかも
自ら音を出しコミュニケーションを取っている可能性があるそうです。
実はこの研究結果は、2012年のものでした☆

ご参考まで

karapaia.comさん

2017年07月04日
『アナスタシア』シリーズ著者のウラジーミル・メグレ氏が、
すでに大勢の人々の人生や暮らしを改善している『一族の土地』プロジェクトを代表し、
#youforG20コンテストに参加していることは、
先週、お伝えさせていただきました。

多くの方が即投票してくださったり
情報を拡散してくださって
本当にありがとうございました!

実は、投票終了は
【誤】7月2日
ではなく、
【正】7月7日(金) までだそうです!

そして、今現在(7月4日15時)の投票結果は下記の通り、
メグレさんのプロジェットは9位にランクインしています☆

そこで、メグレさんたちから先程連絡があり、
日本のみなさまに、投票のさらなる協力の依頼がありました☆

順位 プロジェット名                国名       投票獲得数
1 Exoskeleton Hand コロンビア 16.0K
2 Project Dignity for Freedom         アルゼンチン 12.0K
3 Vicfold Recyclers             ナイジェリア 12.0K
4 Butterfly Borders project         ジンバブエ 8.9K
5 The Great Trekkers Safaris         ウガンダ 7.4K
6 Camerata Laranjeiras Rio-based project ブラジル 5.6K
7 Dançando - Eu conheço o Mundo II ポルトガル 4.9K
8 Baynetna                    ドイツ 2.8K
9 Family Homesteads            ロシア 1.7K
10 Arabalmanya ドイツ 1.6K
11 Inclusive business replicator         ウガンダ 1.6K
12 One hen campaign project         ケニア 1.5K
13 Saving the species マケドニア 1.5K
14 The Floating School            インドネシア 1.5K
15 One hen campaign project         ケニア 1.5K
16 Nka'Thuto EduPropeller         南アフリカ 1.3K
17 The Giant Flag                南アフリカ 1.3K
18 Children reclaim space エチオピア 1.2K
19 Plastic Recycling Collection         ナイジェリア 1.2K
20 Environmental best practices project カメルーン 1.2K
21 Psychology Spa パレスチナ 1.1K
22 Integrative playgroup             ロシア 1.0K
23 WeSeparateWaste Recycle         ナイジェリア 1.0K

以上、トップ23位まで

投票数上位5までのプロジェットが、審査委員会に検討してもらえるそうです。

まだ時間も少しあります!
ぜひ、まだ投票できていない方、
情報を拡散できる方は、
ご協力をお願いいたします。

詳しくは

社会を変えるあなたのオンライン投票
2017年06月28日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆
心躍るニュースがロシアから飛び込んできましたよ♪

急ぎ簡易和訳しました。
わかりやくすするために、一部、私のコメントも入れ込んであります。ご了承ください。

***
『アナスタシア』シリーズ著者のウラジーミル・メグレ氏が#youforG20コンテストに参加しています。

DEUTSCHLAND.deの主催する#youforG20キャンペーンでは、
G20サミットが議題として挙げているグローバルな課題に対して活動を行っているプロジェクトの中から、
地球市民が認め最も求める活動を決定するコンテストを開始しています。
このコンテストは、市民社会を改善する目的で活動しているプロジェクトであれば、
どなたでも参加できるものです。

わたしたち『アナスタシア』シリーズ読者は、ウラジーミル・メグレ氏と一緒に、
このコンテストを通じて、世界をもっと善(よ)い場所にすることのできる、
ひとつの大きなチームです。

ウラジーミル・メグレ氏は、
すでに大勢の人々の人生や暮らしを改善している『一族の土地』プロジェクトを代表し、
このコンテストに参加しています! 
この機会に、よりたくさんの人々にこのアイディアを伝え、広めてみませんか!

オンライン投票によって、上位5位のプロジェクトをインターネット・コミュニティが選びます。
つまり、
インターネットにアクセスできる人であれば、国籍問わず、だれしもが投票に参加できるのです! 
オンライン投票を経た後、
ドイツ外務省、DEUTSCHLAND.de編集長、そして市民活動の専門家たちで構成された審査員会によって、
最優秀プロジェクトが選出される流れです。

ぜひ、読者のみなさまも『一族の土地』プロジェクトにオンライン投票をして、
この情報をお友達やFBなどで拡散してください!
なお、投票の締め切りは7月7日(金)です☆

地球環境に、社会に、そして気候変動に対し、
#youforG20コンテストを通じて、
わたしたち一人ひとりが変化を起こすことができます!

すでに投票はスタートしています! 
一番好きなプロジェクトにLikeのボタンをクリックして投票しましょう。
Likeの数を集めた上位5つのプロジェクトは、
審査員による投票に進み、15,000ユーロを獲得するチャンスを得ます。

『一族の土地』プロジェクトがみなさまのご支援を賜って優勝できたあかつきには、
ウラジーミル・メグレ氏は、
賞金の半分を、このキャンペーンに似たようなコンテストを主催するために活用し、
残りの半分は、一族の土地についての映画をつくるためにあてたいと考えています。
この映画を通して、
一族の土地のコンセプト、
そしてある一人の人間の人生が、一族の土地で暮らし始めてどのように変容していったのかを
お伝えしたいと思っています。
映画というありがたい手法を通して、
祖国コミュニティのコンセプトを世界中のより多くの人々にお伝えしたいのです。

これは世界をより善(よ)くし、自然環境を守ることができるプロジェクトです。

結局のところ、入植した人々こそ、自然環境にとても気をつけて接しています。
彼らは、放棄地を土壌豊かな土地に変え、大量の木々や花々を植林しています。
彼らが、侵害や戦争、犯罪のない新しい世界を創造しているのです。

◎オンライン投票のやり方◎
まず、下記のサイトをクリックします

『一族の土地』プロジェクト 投票ページ

そして、タイトル名が「Family Homesteads, Russia」であることを必ず確認してください。
そしたら、


ハートマークの下に レ点Likeと数字が表示されている青色のボタンますので、
その青色のLikeのボタンを1回クリックしてください。
写真の中央に、ピンク色で矢印がついている、青いボタンのことです。

投票完了です! 簡単でしょ☆

※投票サイトにアップされている動画


この動画のナレーションも日本語に訳出しました。
動画に字幕を入れ込む時間がありませんので、文章にてお伝えさせていただきますね。



『一族の土地』プロジェクト
地球環境と気候変動を守るプロジェクト

一族の土地とは、一人の人の小さな祖国です。
血族、そして精神面においてもつながっている近しい親族が、ここで暮らしています。 
各家庭が、自分たちの小さなパラダイスを1ヘクタールの土地に築くのです。
敷地は、フェンスではなく、生きた垣根 -生垣- で囲います。 
心地よく、光の入る家、果樹園と澄んだ水の入った池、そしてキッチンガーデン。
ここでは、暮らすために、創造性あふれる活動のために、そして子育てに最適な状況を、
人々が創り出しているのです。

このアイディアとは、
政府が立法レベルで、希望する家庭に、終身利用できる1ヘクタールの土地を割り当てることによって、
各家庭が自身の一族の土地をつくり始めることができるよう提案するものです。
この土地の売買は認められませんが、
終身利用できるものとして配分され、
そして後継者に相続し継承してもらう、というものです。
一族の土地で生産されるものは、いかなる課税対象にもさらされません。

このコンセプトは、ウラジーミル・メグレ氏のシリーズ著書
『アナスタシア ロシアの響きわたる杉』で説明されています。

このコンセプトは、
大地での意図的な生き方、そして自分自身や自然と調和した生き方を謳ったもので、
このアイディアはシリーズが出版されている国々:ロシア、米国、そしてヨーロッパなどで肯定的に受け止められています。
このアイディアは15年以上前に生まれ、
そして一族の土地で構成された新しいコミュミティ - 祖国コミュミティは、
今日、ロシアだけでも370以上できています。
これらは、すでに築き上げられており、その数は毎年右肩上がりです。
40,000世帯以上が、健全な生き方を送りはじめており、
草花や木々を植えて庭を造り、
1ヘクタールの自分の敷地を花咲くオアシスへと変容させているのです。 
すべての国に十分な土地があるわけではありませんが、
その一方で雑草が繁茂した土地を持っている国々もあり、
これらの諸国が、一族の土地を築きたい人たちを受け入れることもできるのではないでしょうか。

祖国コミュミティは、
様々な社会的地位、信仰、年齢、国籍の住民で構成されます。
このようなコミュミティの創造は、
人間社会の生き方が進化している証です。
人々は自然環境を改善し、共通理解のための土台を探しているのです。
これらの人々をひとつにするものとは、
この惑星を花咲く庭園に変容させるという、このアイディアなのです。
2017年06月16日
こんにちは、岩砂晶子です☆
岐阜は梅雨入り宣言があって1日だけ雨が降り
それからはずーっとずーっと晴天が続き。
まるでここは南ヨーロッパ?と思わせるような気候になっています。
昨日は、田んぼのゲロ子(かえるたちのこと)が
雨乞いの歌を歌っていました。
彼らの祈りが届いたのか、来週には雨が降るようです。
よかったー、ホントよかったねー!!!

ただ、わたし、本気で懸念していることがあります!
今、窓から青い空を背景に金華山が見えていて、
日本の田舎は平安だな~っていう感じなんですが
実は、日本は田舎からも危機的な状況が・・・。

今年は虫がいないのです、蜂なんて最たるもの。
本当にほんとうにイナイ! 
静かで、不気味なのね・・・。
虫がいなくなっちゃったから、野菜の受粉がままならず、
ズッキーニとかも、実が付きだしたかと思ったら、
ボトッと落ちてしまうのだそうです・・・。

栃木のあるイチゴ農家さんは、バイトを雇って
人力での受粉作業を展開しはじめたとか。
岐阜の農家さんたちも、自分の手で受粉作業をはじめています。

農薬と除草剤で育ったお野菜や果物を買っている
わたしたち消費者が
本気で変わらなければ、
田舎のじいさんばあさんの農家には、声は届かないのよね。
除草剤は農薬ではない! と思っている方々もたくさんいてね・・・。

もしかしたら、
自然は行くところまで行っちゃってしまったのかも・・・。
と、真剣に考えています。
行くところまで行っちゃうと、もう一気に破壊連鎖なのです。

なにか策はないのか?
今、わたしたち一人ひとりが、超真剣に考えて行動しなければ。

わたしは学者ではないから、難しいことはよくわからない。
よくわからないけれど、凡人のわたしたちにできることは、たくさんあるわ!
いやいや、力は一般ピープルにこそある、
わたしはそう思うのです。

まずは、『買い物は投票なんだポスター』を参考に実践してみてはどうかしら☆

FeelさんのHP

都会のみなさまも、田舎のみなさんも、
どうか、肌で、感覚で、直感で、自然の声を聴いてみてください☆
そして本気でホンキで、
今、自分ができることを実行してみてくださいね!

May the force be with us!
2017年06月01日
人間のぬくもりを知らない野良犬たちを心から抱きしめたら、
なにが起きるのか?!
野良犬を抱きしめるプロジェクト

ファースト・ハグ

この動画をみて
4巻『共同の創造』に書かれている、
ライオンたちがアダムの光に酔いしれるシーンを思い浮かべたのは
わたしだけではないはず☆

わたしたち人間には、こういう目に見えない力がある。
そして、この力を放つか・放たないかは
一人ひとりが決めること☆
2017年06月01日
どうやら本当に、わたしたちは動物とのかかわり方を
勘違いしていたみたい。

***
<下記のHPの一部を引用&翻訳しました>

もし、私たちがイメージしていたもの以上の動物とのかかわり方が存在しているとしたら
ジェスチャーや声を使う以外にもコミュミケーションをとる方法があるとしたら
それを私たちが学ぶことができるとしたら
そうしたら
私たちと動物との関係性、そして地球はどのように変容するのだろうか


Trust-techniqueさん
***

この動画をみたあと、
5巻『私たちは何者なのか』の装画の馬について
あらためて考えました。
5巻の表紙の制作にあたり、乗馬や馬具について調べていたんです。
で、馬具は、合成繊維のものをモデルにしています。
でも、本来は馬具は要らなかったのね☆
勉強になりました!

動物とのかかわり方については
6巻『一族の書』でも触れられています。
そして4巻『共同の創造』には、
ライオンたちがアダムの光に酔いしれるシーンがありますよね☆

この動画をみて
アナスタシアが言っていたことはやっぱり本当だったんだ~☆
と改めて思いました(ハートマーク)

そして早く、
人間と動物たちとの会話の方法、接し方
動物たちの存在意義を
私たち人間が学び直すことができたらいいな~と思いました。

2017年05月30日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆
お気づきの方もいらっしゃると思いますが、
アナスタシア・ジャパンのHPに新しくコーナーを設けています!

新設『監修のおすすめ』コーナーでは、
監修がオススメする書籍や
わたしたちが日常的に使うことで地球を美しくするグッズなどを
ご紹介させていただきたいと思います☆

というのも、最近
『祖国』づくりへのご質問や
暮らしの改善への実践的なご質問などをいただきます。
そこで、
わたしがいいな~と感じたり、参考にしている書籍、
日常の暮らしの中で使っているステキなものを
ご紹介させていただこうと思ったのです。

ご紹介させていただくものに、これだけが正解!というものはありません。
でも、色々なアイディアや考えに触れ、
自分自身の体験や感覚と照らし合わせて、
社会通念や、自分独自の観念を見つめ直すキッカケになると嬉しいです。

そして、
お一人おひとりの内で〝大切な何か〟を少しづつ育み、
夢を実現するチカラになることを願っています☆

今回は、【祖国の実践版】としてオススメさせていただきたい
つばた英子さん&つばたしゅういちさんの著書です。

おふたりの暮らしを読んだとき、
美しいな~って心から思いました。
そして、アナスタシアのいう『祖国』を連想しずにはいれませんでした☆
日本の『祖国』づくりの参考になると思いますし、
アパート暮らしであっても、
おふたりの生き方や暮らしから
多くのヒントを得ることができると思います☆

詳しくは→監修のおすすめ☆新商品をアップしました
2017年05月20日
やっぱり変です・・・。
お庭や畑に蜂がいないんです・・・
不気味~な静けさ・・・

ミツバチが大量死していることは、先日の日記に書きました。
そして、わたしに何かできるのだろう・・・と思っていたら
こんな記事を発見☆

ELLE ONLINEさん

やっぱりセレブたちも『自分に何ができるのだろう?』と思って
できることから動き出しているのね(ハートマーク)
もちろん、彼らはセレブで わたしは一般ピープル☆
でも、一般ピープルだって できることはあるわ~ん!!!

そう、わたしはこれから、自分の暮らしをつぶさに見直そうと思います。
たとえば、
①どんな洗剤を使っているのか
②除草剤を使っていないか
③殺虫剤やコンセントにつないで無臭だけれど虫を寄せ付けない というようなものを使っていないか
④安全な蚊取り線香を使っているか
⑤除菌だといって、強い石鹸・洗剤を使っていないか
⑥下水をやたら汚していないか
⑦化石燃料ではなく、天然由来でできている代替品はないのか
⑧庭木に農薬をまいていないか
⑨農薬を使った栽培のお野菜を買っていないか
などなど

これらの内、ミツバチの大量死の原因に該当すると思われているものは 
②除草剤
③殺虫剤やコンセントにつないで無臭だけれど虫を寄せ付けない というようなもの
④科学的な蚊取り線香 
⑧農薬 
⑨農薬を使った栽培のお野菜を買うことで、その栽培を応援していないか
ということらしいです。

いかがでしょうか。
もし心当たりがある方がいらっしゃったら、
天然素材の代替品がありますので
ぜひそちらにしてみませんか。
虫が一瞬にして死ぬようなケミカルが
人間にも悪影響を与えていないわけはありませんよね・・・。

天然素材のものは少し割高だし
無農薬や自然栽培のお野菜は高い。
でも、
地球全体を鑑みて、
自分の意志で
地球を美しくするんだって 決意し行動できる自分って
とってもステキだと思います(ハートマーク)。

だれも褒めてはくれないけれど、
きっと声なきミツバチや大自然が、
あなたをもっと深く愛しんでくれるんじゃないかな☆

わたし個人としては、
①洗濯洗剤と台所の洗剤 
が課題ですね・・・。
もちろん「天然由来で安全」だと謳われているものを使っているんだけれど、
本当にそうなんだろうか?・・・と。
ほら、「安全」って「人間だけに安全」ってことなのかな?
このあたりはもっと調べて、
メーカーの宣伝の謳い文句を鵜呑みにするのではなく、
自分が納得できる答えを得て、
必要があれば改善したいと思っています。

まずは、自分の暮らしから☆
できることから 一歩一歩☆
2017年05月09日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆
GWはいかがお過ごしでしたでしょうか。

さて、『アナスタシア』シリーズを読むと、
私たちの社会や自分の在り様について
とにかく、いろーんなことを考えさせられますよね。

その考えさせられる中のひとつに
動物と人間の関係があるかと思います☆

そして、こんな記事を見ちゃいました~(ハートマーク)
やっぱり、動物と、いや、動植物と人間の
新しい、いや、もしかしたら本来の関わり方っていうものが
あるのかもしれないね~
と、思ったのであります。

こちらを見てみてくださいね☆
可愛い過ぎるわ~

grapeさん
2017年05月02日
昨年の年末だったと思うんですが
とっても興味深いニュースを耳にしました。
それも
「収入が2倍になるよりも、心の健康とパートナーがいることの方が幸福感を得られる」
というタイトル☆
オー\(^o^)/

LSE(英国随一の経済大学。大物政治家や大物経済界などを輩出している)と
経済協力開発機構の共同調査によって判明したそうです。

なんでも、
調査は200,000人を対象に行われ、
ウエルビーイング(幸せ、健康で安心なこと、満足できる生活状態、幸福感)
に影響を与える要因を調べた、とのこと。

最もマイナスに働く要因は「うつ・不安感」で、
「パートナーの有無」が逆に最も向上させていたんですって。

幸福度の最重要要素は
1位:「心の健康(0.19)」
2位:「パートナーの有無(0.11)」
3位:「肉体的な健康(0.10)」。
そして、最も重要度の低い要素として「教育(0.02)」が挙げられていたんですって。

近年日本で強化傾向にある高学歴主義、英才教育ってのは
「幸せ」とはあまり関係ないのかもネ!
このままだと、今の日本のこどもたちはあまり幸せにはなれないかも・・・。

調査の共同著者であるリチャード・ラヤード教授は
「国家は、国民の幸福度の新しい要因、
つまり、
”富の創造”ではなく、”幸福の創造”に
フォーカスし、取り組んでいく必要がある」

また、

「本調査結果は、
私たちの”幸せ”もしくは”不幸”に最も影響を及ぼす要因とは
人間関係、心の健康、そして肉体の健康
であることを証明しています」
と述べていらっしゃるそうです。

とても興味深いですね~。
6巻に書いてあるように真のパートナーシップが大切ですよね!
それにしても、アナスタシアやヴォロージャが言っていることと同じですね☆
この調査結果を、自分やこどもたちの幸せに活かしましょーね!

情報源↓
BBC NEWS

日本語の情報源↓
Yahoo Japan! News さん
2017年04月24日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆

わたしは昔からターシャ・テューダーさんの写真集が大好き☆
彼女はおそらくアナスタシア読者ではなかったのでしょうけれど、
以前この日記でご紹介させていただいた
つばたしゅういちさんと英子さんご夫妻のように
知らなくても、その生き方を実践していた方のおひとりだと思っています。

そのターシャ・テューダーさんの生誕100年を記念して
日本の監督が映画をつくられたそうですよ!

4月15日からロードショーだそうです☆
ターシャ・テューダー 静かな水の物語

ぜひぜひ、ご覧になってくださいね!
彼女が自ら創造した美しいお庭は、
日々の一貫した行い、
そしてなによりも彼女の美しい意識があってのこと。
真実を知っている者だからこそ、
その生き方を貫くことがおできになったのではないかと思っています。

みなさんもご自身の生き方、暮らし方、祖国づくりの参考にしてみませんか。
わたしも映画、とっても楽しみにしています☆
2017年04月17日
先日の日記に、ミツバチがいなくなっていることを書かせていただきました。
そして、わたしたちが自分の生活でせわしなくしているあいだに
日本で新たなネオニコチノイド系農薬のスルホキサフロルというのが解禁されようとしているそうです・・・
ミツバチの突然の消滅は、ネオニコチノイド系の農薬が原因なのに・・・。

時間は1分もかかりませんから、あなたの意志を政府に届けませんか☆
ミツバチとこどもをまもる実行委員会

署名は上記HPもしくは下記からダウンロードができますよ↓
署名用紙
※送付先は、用紙の一番下に明記されています。

小さなことでも、自分ができることからはじめたら、きっと変わるから☆
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 14 次のページ»