「響きわたるシベリア杉」に掲載の杉の実のオイル等を販売アナスタシア・ジャパン

ニュース&イベント

Shop Info

よくある質問

お客様の声

お取り扱い店希望のお問い合わせ

お取り扱い店一覧

監修日記

ロシアからのニュース

ホームV.メグレ氏 2018年にドイツで行われた読者集会時のインタビュー




V.メグレ氏 2018年にドイツで行われた読者集会時のインタビュー


アナスタシアや彼らの子どもについて、『祖国・一族』の土地について、ウラジーミル・メグレ氏が質問に答えました

フランクフルト
2018年10月9日
インタビューアー:ヤナ・イガー

※インタビューの一部を抜粋し、日本語に訳出しました※

ヤナ・イガー:おはようございます。今日はフランクフルトに滞在中のウラジーミル・メグレさんにお越しいただいています。みなさんから届いたご質問にすべてお答えできるよう、頑張りますね。できるだけ簡潔にいきましょう。
では、最初の質問から。 今回のドイツの訪問理由は? アナスタシアは、ドイツやヨーロッパについて何か言っていましたか?


ウラジーミル・メグレ:今回のドイツ訪問については、ご存じのとおりです(※フランクフルトにて読者集会があったため)。アナスタシアについてですが、彼女はロシアに住んでいる人と、ヨーロッパやロシア外に住んでいる人とを区別することをしません。少なくとも同じ言語で話すことはないのですから、なぜ区別しないのか私には理解できなかったのですが、もしかしたら、もっと深いところでは、私たちはさほど変わらない存在だということなのかもしれませんね。お互いに異なった政治制度ではありますが、こういったことは、移り変わってゆくものです。あるときはこの制度、時が移れば別の制度といった具合に。それから、土壌の質に関しても、国によって異なりますよね。

よく、「どうやって祖国・一族の土地をつくると言うんですか?ここの地価は高額すぎて、入手困難です。それに全員分の土地なんてありませんよ」と聞かれるのですが、何が問題なのでしょうか?!
私の『祖国』がある祖国コミュニティには、ドイツ人家族が3家族も『祖国』をつくって暮らしていますよ。『祖国』は、生まれた国になければいけない、ということではないのです。その人がここに築こう、自分と家族のために創造しようと選んだところが、『祖国・一族の土地』なのです。国境は時代によって変わるものです。現在は政府が国境を定めていますが、明日どうなるかはわかりませんよ。ローマ帝国を思い出してください。

私は、アナスタシアのアイディアは地球規模のものであると考えています。ロシア人がドイツ人と恋をして、ここドイツに『祖国』をつくることだってあり得るし、ロシアでつくることもできます。よく考えてみれば、地球上には、まだ使われておらず、草がぼうぼうに生えている放置された土地がたくさんあるんです。そういった放棄地は、誰かがそこに来て、有意義に使ってくれることを待ち望んでいる。ですから、場所は問題ではないのです。哲学は人工的に定められた国境よりも強いのです。

ヤナ・イガー:では、次の質問。この質問が一番多かったんですよ。最後にアナスタシアを見たのはいつですか?アナスタシアは元気ですか?

ウラジーミル・メグレ:アナスタシアはいつも元気ですよ。彼女はとてもポジティブで、しあわせで、強い人です。彼女は生き方に対するとても鮮明なビジョンを持っていて、それを実践している。ですから、いつも元気です。

ご質問が、物理的な肉体をもったアナスタシアのことを言っているのでしたら、最近も彼女を見ましたよ。正確な日にちは覚えていませんが、4カ月ほど前だったと思います。アナスタシアと最後に話したときがいつなのかを知りたいということでしたら、逆に、いつ彼女と話さなかったのかをお伝えした方が早いくらいです。私は人生を、アナスタシアとわたしの読者、そしてこれらの人たちとつながっている方たちに捧げてきました。

ヤナ・イガー:アナスタシアはまだタイガで暮らしているのですか?

ウラジーミル・メグレ: 科学者や心ない人たちは未だにタイガで彼女を探していますが、私には彼女がなぜ人前に出ることなく、都市の人たちがするように集会を開いたり、大統領選挙に立候補したりすることもせず、あのような暮らし方をするのか、やっとわかりはじめたんです。

アナスタシアが草地に座っているのを想像してみてください。群衆が彼女を取り囲み、彼女のもとに一人ひとりやってきては、病気を治してくれとせがむようになるでしょう。彼女は、病人が自らを癒す行為以外については完全に反対しているのにもかかわらず、です。アナスタシアは、

「自分の生き方を変えて。そうすれば、あなたの人生が変わる。自分の力で治すことができる」


と言っています。
彼女は政治家になろうとすらしません。彼女はそういった手段に頼るのではなく、人々が彼女のすばらしいところを深いレベルで理解できるよう、できることをただしているだけなのです。

もしかしたら同じ例えをすでに話したことがあるかもしれませんが、誰かが、私とアナスタシアがモスクワのニューアルバート通りを一緒に歩いているのを目撃したとしても、特に驚かないという日が来るのです。というのも、人々はすでにアナスタシアと同じ生き方をしているので、彼らの内には彼女の魂が生きているからなのです。
アナスタシアはこう言っています:

「私は、私の魂を人々に与える。その人たちを通して私の魂は生きる。悪なるものよ、地球を去る準備をせよ」


私はよく、アナスタシアの魂を持った人を見ます。その人たちの瞳と姿勢に映っているんです。彼らは、一般的な人たちより賢く、しあわせそうです。

アナスタシアは常に、人々とともにいます。しかし、身近な人であっても、必ずしも真の意味で「ともにいる」と言えるわけではありません。たとえば、結婚していたとしても、仕事から帰宅した夫がソファーで新聞を読み、一方で妻が台所でせわしなく動いているような場合、ふたりは共存しながら暮らしてはいますが、本当に「ともにいる」と言えるでしょうか?彼らには、惑星間くらいの遠い距離があるではないですか。

ヤナ・イガー:どうもありがとうございました。では、次の質問。息子さんはどうしていますか?今はどこにいますか?

ウラジーミル・メグレ:息子は、祖国コミュニティに働きかけをしています。たくさんの改善がなされました。私も時間ができたら集中したいと思います。

『祖国・一族の土地』に適した門にはいろいろな種類がありますが、実は私も門を設置する際、どのような門がいいのかで悩みました。私の『祖国』は、小さな家をコンセプトにデザインしたんです。門からは、窓と屋根のある小さな家が見え、家に近づくと、魔法のように門が自動的に開き、『祖国』に招き入れられる。そして、敷地内に入ると門は自動的に閉じる。まだ完成してはいませんが、自分で考えたデザインです。カーテンが掛かり、火が灯ったキャンドルが窓辺にあり、煙突からは煙が出ています。このアイディアを聞いた人たちからよく言われるんですよ、
「だれがメグレにそんな凄いアイディアを授けているんだろう? 彼のせがれに違いないな。本の中で、せがれはなんでもこなす、と書いてあるから」
ってね。
もちろん、息子からも提案がありました。

実は、この門は人の哲学を変えるという意味で、通常のものとは異なるんです。一般的に、私たちは、髪を整え、上等な服を着、鏡に映る自分の姿をチェックしてから家を出ますよね。ですが、『祖国・一族の土地』は神聖なところで、多くの時間を過ごしたり、人生における大イベントを祝う場所でもあります。であれば、なぜ家に入るときでなく、家を出るときにだけ身を整えるのでしょうか? ですから、私は門の横に鏡台と鏡を置くことにしたのです。『祖国』に到着したら、まず身なりを整えて、それから中に入れるようにね。『祖国』のような特別な場所は、特に敬意をはらわないと。誰がそれを思いついたのでしょうか?もちろん息子ですよ。

それから土手。『祖国』の敷地を土手で囲ってみたのですが、非常に効果的であることが実際にわかりました。敷地内のどこよりも、土手の植物が一番よく育っているのです。敷地の境界線としてわかりやすいだけでなく、とても便利で、他の場所と比べると、土手の植物は2倍の速さで育つのです! 今年は土手にセイヨウカラシナが育っています。セイヨウカラシナは土壌によく、ミツバチに蜜を提供してくれるんです。

ヤナ・イガー:息子さんは、皮膚を消毒する特別なクレンジング液を作ったそうですね。みなさんがレシピを知りたがっていますよ。 (注釈:8巻以降のエピソードに登場)

ウラジーミル・メグレ:私も知らないのですが、いつか息子に聞いてみましょう。ですが一つだけ言いたいことがあります。私の息子は修行僧のような男ですが、どのように植物を選んでいると思いますか? あの万能薬は、彼がまだ幼いころに作ったものなんですよ。では、彼は正しい薬草をどうやって選んでいると思いますか?

ヤナ・イガー:直感でしょうか。

ウラジーミル・メグレ:感じるんですよ。犬と同じです。薬効のある植物を見つけられるよう訓練されているんです。私たち人間には、動物よりも幅広い薬草の使い道があります。どの『祖国・一族の土地』も、独自の薬草花壇、別名「生きた薬」があるべきです。もちろん、薬草を森の中で探すこともできます。私も時々、無意識に草を摘んで食べることがあるんです。それがどう効くのかも知らずにね。森の小路でヨモギを摘んだこともあります。もちろん、道路わきに生えている植物は摘まない方がいいです。森で摘んだヨモギを煎じて飲んだ後に、体調がよくなったので))わかったんですが、煎じヨモギは薬だったのですね。そのうち、煎じたヨモギも飲む気がしなくなると、今度は果実の搾り汁にはまりました。果実の搾り汁は視力に効くことに気が付いたのです。

私たちは、このような技術を磨き、発展させる必要があります。ですが、他人からどうその技術を得るのかに注力するのではなく、自分の臓器を信じるというのはどうでしょうか。

一番よい食べ物は神が与えてくれたものです。それらは素朴ですが、効果があります。なぜあんなにもたくさんのセイヨウスイカズラやタンポポが生えるのでしょうか? ひとつ芽を出したかと思うと、次から次へと土から出てきます。これらの植物は、必要な栄養素を含んだ土を可能な限り選んで発芽します。その土壌は、セイヨウスイカズラやタンポポが病気を守るために必要な養分を含むよう、神が設計したのです。

植物にとって最適な環境を提供できる土に、植物は育つのです。
カモミールの季節だとしましょう。カモミールを森で探しますか? いえ、それではダメですよね。カモミールは、森の中では育ちませんから。それに、たとえば、リンゴの季節になると店に買いに行きますが、買ったリンゴでは真の滋養は得られません。

アナスタシアはこう言います。

「そのリンゴはあなたのために実ったのではない。それは、お金のために実ったリンゴ」


そのリンゴを育てた人は、お金のために育てただけなのです。当然、まともな収入を得て、肥料もやらないといけないですからね。このような状況下で育ったものには、あなたにとって薬効となる成分は何ひとつ含まれていません。ですが、愛をもって育てれば、その植物はその愛をあなたに与え返してくれる。

ですので、自分で育てるのと、薬局で購入するのとでは、まったく異なるのです。
「咳止め4番の薬をください」
「はい、どうぞ」
その薬の小箱に何が入っていると思います?!

ヤナ・イガー:そもそも、いつ、どこで摘まれた薬草なのかが問題なんですよね。

ウラジーミル・メグレ:そのとおり。いつ、だれが摘んだ薬草なのか。でも、だれもそんなことは気にしていません。誰がそれを小箱に詰めたのか?・・・なんて。
地球は謎に満ちています。物理や化学を勉強するのに、自然界の驚異的な力について、私たちは何も知りません。

ヤナ・イガー:私たちは新しい別の世界を発見しようと躍起になっていますが、私たち自身が暮らしている世界を発見することに関しては恐れを持っているようですよね。

ウラジーミル・メグレ:そうですね。人々は遠い銀河の向こうにある他の世界を知りたがり、宇宙の秘密を教えてくれる知性ある生命体に会いたがっています。夜空の星々に答えを求めていますが、まさに自分たちが暮らしている惑星が、私たちに必要なすべてを与えることができるということに、彼らは気が付かないのです。星々は私たちを眺めながら、「あの人たちは、いつここに来て、彼らの美しい世界のように創造する方法を教えてくれるのだろうか?」と言っていると思いますよ。

ヤナ・イガー:きっと薬草も同じなんですね。薬草は、人間はいつになったらこの厄介な脳を使うことをやめ、ただ純粋に薬草を摘み、どれほどの効力があるかを感じてくれるのかを待っている。

ウラジーミル・メグレ:自然はそのようにできているのです。まさに、人間の守護霊であり、私たちを守り、養ってくれているのです。

―*―
ウラジーミル・メグレ: インドのゴアというリゾート地に行ったときに、ヨギがいて、人々は絶え間なくヨギに言い寄っていました。

私は数名の巡礼者とお話しする機会があり、その時こう尋ねたんです。
「あなたたちがここに来たという事実自体が、あなたがたが自身の内なる力と知恵を完全に拒絶したということを表しています。あなたたちがまさに拒絶した同じ力を見せるよう他人に尋ね、どうしたらそれを得ることができるのかを訊いている。そうではありませんか? あなたがたは正しいことをしていると思いますか? この人に会うためにインドに来れるほど、お金に余裕があるのですか?」

すると、彼らはこう答えました。
「いえ、私は知恵を得るためにここに来ました」

「見つかりましたか? その知恵を家に持ち帰って、家族にも捧げることはできますか? 得たその知恵で、ご家族に何かを与えることはできますか?」

彼は少し考えていましたが、家族に何も与えることができないという明らかな事実に気が付いたんです。

よく私はみなさんに尋ねるんですよ。
「何を質問したいですか?アナスタシアが答えていると思って、私に訊いてください」
ですが、だれも私に質問しません。もしくは、重要でないことを尋ねてきます。

アナスタシアが話してくれた「二人の兄弟」という寓話がありますね(4巻P.227参照)。

内なる自分をみつめ、そして内なる扉を解放するだけでいいのです。つまり、自分の内にすでにある力、知恵、そして愛を育む、ということです。

ヤナ・イガー:では、私からも質問があります。最も重要なことは、『祖国・一族の土地』に暮らすことですよね。ですが、ドイツの人たちは、祖国コミュニティを始められていないのが現状です。まずは、それぞれの愛の空間を育む、ということでいいでしょうか?

ウラジーミル・メグレ:もちろんです! ロシアには、昔からダーチャというコンセプトが存在していました。600平方メートルの敷地が人々に与えられていたんです。そこに家、トイレ、そして小屋を建てていたんです。もちろん『祖国』ほどの楽園に築き上げたわけではないですが、いずれにせよ、ロシア人には経験がありましたから、今はその経験が『祖国・一族の土地』に活かされているんです。

ドイツについては、先ほども述べた通り、ドイツの方たちがロシアに来ることもできます。10年ほど前だったと思いますが、ドイツ人の集団がロシア大統領に移民を希望している旨を手紙にしたためたんです。その30から40人ほどのドイツ人の移民は今、ロシアに住んでいますよ。

ヤナ・イガー:そうなんですよね。ロシアは自分の故郷だ、と言う人が多いようですね。

ウラジーミル・メグレ:『祖国・一族の土地』は、生命誕生の場であり、あなたの故郷です。人生が始まった場所が、あなたの故郷であり、『祖国・一族の土地』なのです。
インタビュー、ありがとうございました。

ヤナ・イガー:本日は、貴重なお時間をありがとうございました。