「響きわたるシベリア杉」に掲載の杉の実のオイル等を販売アナスタシア・ジャパン

ニュース&イベント

Shop Info

よくある質問

お客様の声

お取り扱い店希望のお問い合わせ

お取り扱い店一覧

監修日記

ロシアからのニュース

ホーム監修の日記
監修の日記
監修の日記:521
«前のページ 1 ... | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | ... 27 次のページ»
2018年08月28日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆
週末は、いけずご王国キックオフイベントに
松江まで行って参りました☆


いけずご王国キックオフのメインイベントである
「シチェチニン先生の学校と共育を語る会」では、
大分県で森の学校づくりを準備している小学校教諭 首藤正秀さん、
鳥取県智頭町森の幼稚園まるたんぼう代表の西村早栄子さん、
そしてわたし 
の総勢3名のパネリストで、教育について語り合いました。



前夜の打合せでもすでに濃い話し合いで盛り上がり
当日も
会場のみなさんをも巻き込んで
とっても濃密な話し合いとなりました。

たとえば、「教育に競争は必要なのか?」とか
「そもそも、教育自体、必要なのか?」
「リーダーと最終責任者の違い」ということまでも。

ここで語られたことが、これから創りあげていかれる
いけずご大国の、
そして、現状の教育において
なにかの参考になれば、こんなに嬉しいことはありません。

メディアを含め、松江市議や島根の県議、教育委員会や校長先生など、
実際に現場にいらっしゃる方々も参加してくださいましたので、
きっと、緩やかに何かが変わっていくのではないか、と実感しました☆


こちらは、打ち上げの様子です☆
手作りのお料理、ごちそうさまでした(ハートマーク)

ご参加くださいましたみなさま、
いけずご王国、そしてスタッフのみなさま
本当にありがとうございました!
2018年08月24日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆

装画家のいとうみほさんが来社してくださり、
最後の仕上げをして
7巻の装画が完成しましたよ~☆\(^o^)/☆


いとうみほさん、今回も魅力的な装画を描いてくださって
本当にありがとうございました(ハートマーク)

装画は、印刷会社さんの超高画質スキャナーでスキャンして
デザイナーさんにデータを送り、カバーに仕上げていただきます。
次は、デザイナーさんの出番です☆

どんなカバーに仕上がるか、ドキドキわくわくですね!
2018年08月19日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆

お盆返上で7巻の作業を進めております。
そして、わたしもお部屋も付箋と消しゴムだらけ~

もったいない星人なわたし。
なかなか付箋も捨てられません~(笑)

電気スタンドの傘のところに
こうやってリサイクル付箋をつけて、
ひらひらさせて、2度、3度と使いまわしています☆


ちなみに、付箋といえど、今は色~んな付箋があるんですよ。
わたしの作業の場合は、
原稿を重ねたときに、取れてしまうのが一番困るのであります。
色々使ってみて、これがわたしのお気に入り☆

先日は、付箋が二の腕あたりに付いてしまっていたみたい。
ずっと気が付かずに外に出て、
カラフルな付箋をヒラヒラさせていました~(笑)
今でも、家のあちらこちらに、付箋が落ちています(笑)
2018年08月16日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆

先日、恐ろしいことが起きました(笑)
7巻の作業で、本当にいっぱいいっぱいになっているんですが、
そんなときに
冷蔵庫が壊れたんです!

わたしの母は、パッキングの天才で、
母に荷物を詰めてもらうと、
わたしの倍以上の物が入ります。
そんなハイテクニックを屈しして
冷蔵庫と冷凍庫は、パンパンでございました。

この日、肝心の母は早朝から旅行。
父も仕事で不在・・・。
そんなところに、ひょっこりわたしが実家を訪れたわけです。

冷蔵庫君が、ピーピー鳴いていたので
とりあえずボタンを押してみた →ダメ
ちょっと叩いてみた →やっぱりダメ。。。
結局、メーカーに電話してみることに → 完全なる故障とのこと。
新しく買い替えるように言われてしまいました・・・。
トホホ~ん

詰まりにつまっているパンパンな冷蔵庫&冷凍庫。
この暑さで、中のものが溶け出すのは、目に見えています。
そう、もう時間との勝負なのであります!

急きょ発泡スチロールの箱などを探し出してきて、
詰めれるだけつめ、
わたくしの家の冷蔵庫と冷凍庫へ移住☆
もーこれが大変で大変で。

で、次の段階。
収まりきらなかったものたちは、お腹に入れるしかありませんよね!
モチロンです!
わたしは捨てるのが苦手で、
なんでも「もったいない」と言うタイプなのであります。
(生まれた時代に合わないタイプだと、よく言われます)
だから、出来る限りを復活させたいではないですかー!

この状況下において、最初は若干イラッときてしまったわたしでございました。
でも、客観的にみると、笑えるでしょ~。
この忙しい最中に、わたしひとり、真夏の炎天下で、
冷蔵庫の中のものを移動させているのです。
もー、笑うしかないですよー。
暑さのせいでしょうか、
ゲラゲラ笑いながら、車と家の中を行ったり来たりしたのでありました。

そして、こう選手宣誓したのでありました☆
よーし、こうなったら、
わたしの再生テクの腕をお見せしてせんじようではないですかー(笑)

この晩から、わたしは旅行中の母を除いた家族全員を招集。
みんなで食べきるぞ!の会を開催することになりました。

もちろんこんな事態はカレーが一番☆ヨネ
たくさーんのトマトや夏野菜、お豆の煮ものを冷凍したもの、
そもそも冷凍してあったカレーなどを
すべて大きな鍋に入れて、
ぐつぐつ煮込む、煮込む。

煮物って、本当に不思議です☆
あらゆる野菜がとろけて、どんどんお鍋に新しい食材を追加していけるんですよね~。
ブラックホールと言っても過言ではありませんね。
ほーら、闇鍋の出来上がりですよ~☆

冷凍してあった果物は、スムージーにして☆

甘く炊いたお揚げさんは、冷やしうどんのトッピングに☆

あと、もっとたくさんの食べ物があったのですが、もー忘れてしまいました。
とにかく、テーブルを2本くっつけて、
テーブルいっぱいにご馳走がのりました。

お昼は、スタッフにも食べるのを手伝ってもらいました。
わたしと家族は連日連夜カレーだったので、若干飽きてしまいましたが、
スタッフのみんなは、カレーを絶賛!
(わたし、ちょっと嬉しい☆)
二度と再現できませんが、美味しい闇カレーでした(笑)

1週間半後、すべて完食!
そして、新しい冷蔵庫もやってきましたとさ☆
この夏1番の大事件でした(笑)
2018年08月10日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆

さて、こちらは装画家のいとうみほさんとの打ち合わせの様子です☆
7巻の装画にいいかも?! と思うシーンをいくつか挙げて
装画のラフを数枚描いていただきました。


この中から1枚の装画を選び、
メグレさんの方に承諾をいただいてから、
本番の絵を描いていただきます。

もうすぐ、本番の装画が届きます☆
2018年08月09日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆

先日、すんばらしいレモンをアナスタシア読者の方から頂戴しました。
無農薬はもちろんのこと
自然栽培の
木なり熟成させた
立派なレモンです☆

レモンの木にはとげがあるので、
早くに収穫してしまえば傷がないものを出せるそうですが、
木に長く実らせることにより、
レモンの綿の成分が変化し(苦みから甘みの配糖体へ)
免疫系には最強のレモンとなるとのこと。

わたし、こんなに大きなレモンを見たのははじめて☆


ちなみに、お隣の小ぶりのレモンが小さく見えると思いますが、
じゅーぶん大きいですよ。
スーパーで買うレモンより、ずっと大きい!
で、向かって左側のレモンは
THEレモン、レモンの王さまですね。
存在感といい、香りといい、迫力満点のレモン様でした☆

7巻の連日連夜の作業&連日連夜の猛暑のため、
バテぎみだったから、
この差し入れは本当にありがたかったです。
生でいただいて、ビタミン補給☆


とってもジューシーで、苦みもなくて、レモンのすがすがしい酸っぱさ☆
あ~この味、大好きー!

残りは、ハニーレモンと塩レモンにしました☆



自然の、レモンの恩恵に、
そしてみなさまの想いに感謝です。
ありがとうございました!

今シーズンは終了し、次は11月下旬ごろに新レモンの収穫が始まるそうです。
このレモンにご関心がある方は Ocean Lemonさんへ☆
2018年08月05日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆
あたたかい応援のメッセージを送ってくださったみなさま、ありがとうございます。
ときに苦しいこともありますが、みなさんの応援があって、頑張れています。

アナスタシア・シリーズの翻訳作業は、
まず、
翻訳家のにしやまさんが、ロシア語の原書から日本語に訳し
わたしは、英語改訂版から日本語に訳しています。
それから、
この2つの翻訳原稿を一語一句比較し、
異なっている箇所をすべて確認し、
正していきます。
この作業は、パソコン上で行い、
翻訳家と何度も原稿のやり取りをします。
さらに、
アナスタシア読者のロシア人で、日本語が万能な方の、
ネイティブチェックが入ります。
そうしてからやっと、ゲラとなり、紙での作業になるんです。

そして、これが最近の7巻の原稿☆
今回もまた付箋を付け過ぎてしまいました・・・。
カラフルでしょ~(笑)



この原稿の束の付箋も、
スタート時は、それぞれの色で識別していたんのだけれど、
手持ちの付箋が切れてしまい・・・
それで、
いつもこんなふうになってしまいます(笑)。

原稿は、何度もなんども最新版の原稿束に差し替えて、
繰り返し読み進め、朱入れします。

そのため、
うちのプリンター君もフル稼働です☆
2018年07月23日
今日、7月23日はダーチュニクと全地球の日☆
おめでとうございます(ハートマーク)

私は、7巻の出版作業で、残念ながらそれどころではありませんでした・・・。
もっと早く「ダーチュニクと全地球の日」のことを告知すればいいのに、
それもできなかった・・・。
自分にちょっと残念・・・。

ただ、7巻を早くみなさまにお届けできるように、頑張っています!!!

そして、今夜の夕食は、家族でテーブルを囲みます。
スタッフが持ってきてくれた、おばあちゃんのキューリ、
それからお花はすてきな花瓶に活けて、
心ばかりの「ダーチュニクと全地球の日」にすることにします☆

地球さん、いつもありがとう!
2018年07月20日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆

シャカシャカでキャベツの千切りをしていました。
ちなみに、「シャカシャカ」とは、千切りスライサーのことです☆
あ、わたしが勝手に付けた名前です(笑)
みなさんは何て呼んでいるのかな?

さて、みなさんもご存じだと思いますが、
「シャカシャカ」を使っているときは、
絶対によそ見をしてはいけない! のであります。
しかし、注意散漫なわたくしは
よそ見をして
さらに、ほか事を考えていたのでありました。
そして事件が!

はい、右手の親指の先っぽさんが、シャカっとなりました。
ぎりぎりで手を止めることができ、
切り落とさなかったので、ほっと一安心。
でもま~、よ~く血が出まして・・・。

でね、親指がまともに使えないと、何もできないことに気が付きました。
こうにまでならないと、
その存在の役割やありがたさに気が付かないものなんですね・・・。
わたしの身体さん、いつも本当にありがとうー(ハートマーク)。
使い手が荒くて、本当にごめんなさい。

そして、口と足で描く芸術家たちのことを思い出しました。

口と足で描く芸術家協会

みんな、生きていることを表現したいもの☆
彼らの熱意と生き様に
改めてエールを贈りたいと思いました。
2018年07月16日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆

以前、このブログで、みつばちのことを書かせていただきました。
わたしたちが口にする食べ物の70%が
みつばちによる受粉だといわれているそうです。
アナスタシアもシリーズの中で
みつばちについて言及しています。

そんな大切なみつばちが
今、世界中でみつばちが激変しています。

みつばちをキーワードに、ひとつになりませんか!☆
ぜひ、この映画をご覧になってくださいね☆

みつばちと地球とわたし
2018年07月14日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆

もう本当に忙しくしています。
自分の意識がすべてを創り出している、ということですが、
こんなに忙しい状態を自ら創り出した自分自身に
まーびっくり☆

本来であれば、
少なくとも同じ県内の被災地にボランティアをさせていただき
少しでも被災された方々のお力になれれば、と動きたいところなのですが、
今はどうしても動けない・・・。

そこで、
今、わたしに置かれた現状でさせていただけることを選びました☆

以前、岡山でお茶会を主催してくださった方が
ボランティアさんたちの拠点になっていると伺ったので
欲していらっしゃるものを伺いました。
そして、
タオルなど、お掃除に使っていただけそうな物を集めて、
先ほど段ボールに詰め、
第一便を送り出しました。
少しでもお力になれれば幸いです。

ボランティアさん、
ボランティアを受け入れていらっしゃる方々、
本当にありがとうございます。
そしてなによりも、被災者のみなさま
お疲れ様でございます。
心からお見舞い申し上げます。

わたしどもの想いが届きますように。
2018年07月08日
みなさま、
たくさんの災害のお見舞いメールを
ありがとうございます。
アナスタシア・ジャパンがある岐阜市は
一部災害はありましたが、
被害もさほどなく済みました。

ただ、各地で被害にあわれた方々が気がかりです。
心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧を願っております。

とくに、
読者のみなさま、
お茶会でお会いしたみなさま、
お取扱店さんや書店さんたち、
お茶会の主催を企画してくださっている
災害地域のみなさまにも
あたたかい想いを送らせていただきます。
安らぎが戻りますように。
2018年06月08日
こんばんは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆

ひとは、脳が極限まで疲れると、
思ってもみないことをし出すので
ビックリです。
わたし、じぶんにビックリしました(笑)

わたしは、自然栽培や無農薬野菜を作っている地元の農家さんから
お野菜をわけていただいています。
これは、
心ばかりではありますが、
わたしが一個人としてできる、ささやかな応援であり、
そして社会に対する意思の表明なのであります☆

でね、
その農家さんからラッキョウをすすめられたんです。
ほら、今はラッキョウ漬けの時期でしょ。

でも今は忙しくてそんな時間がないから・・・とお断りしていたのだけれど、
自然食品店 (←なぜか我が家のご近所にあるのです☆ ありがたや!)に行ったら、
なんと、『ラッキョウ酢』という便利なものが売っているではありませんか☆
無意識に手が伸び、気が付いたら買っていたのでありました。

さらに、
農家さんの
「ラッキョウは皮むきもして、漬けるだけにするから!」
というひと言が効いてしまって、
ラッキョウを1Kgも買ってしまったのでありました・・・。

で、1日の7巻の作業を終え、
夜中の12時になって、やおらラッキョウを洗い出し・・・
一粒一粒拭いて・・・瓶に入れて・・・。

そして思ったのでありました。
なぜ、わたしは今、ラッキョウを漬けているのか?と


ま、美味しいラッキョウができますように!

ラッキョウ様の匂いで充満しているお部屋で
今日も7巻の作業をさせていただいています☆ (笑)
2018年06月02日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆
先々週のわたしの日記を読んでくださった方たちから
応援のメールを続々といただき、
心から感謝申し上げます。

こんなにもたくさんの方が応援してくださっていることに
びっくり&嬉しくて(ハートマーク)
でも、みなさんを心配させてはいけませんよね。
はい、反省しました。

あれから少しだけペースダウンをしましたので、
ご安心ください。
みなさん、本当にほんとうに、ありがとうございました。

☆☆☆

数年前から、一度お会いしてみたいと思っていた
依田小百合さんという画家さんが
岐阜県池田町のギャラリーUniverseさんで個展をひらいていらっしゃるとのこと。


今日は、天気もすこぶる美しく
数時間だけ仕事の手を休めて、個展におじゃましてきました。

彼女は、アナスタシアを読んで観えたヴィジョンの美しさに感動し
それを記憶するために絵を描き始めたそうです☆

それまでまともに筆を持ったことがなかったなんて信じられない技術と
とってもステキな宇宙観で
やさしい想いのこもった作品たちでした。

ギャラリーに入って直ぐに目に留まったのが
満月たち。
実は、先日の満月から次元が移行しつつあるのか、
とにかく地球すべてがパワフルに動いているのを感じています。
今日のこのご縁も、満月に導かれた感じがしています。

さらに
ソラヲトさんのハングドラムとSayrRiさんの歌声に
とってもとっても癒され
おふたりが創造する音色とヴィジョンの作品に
新たな、美しい時代を感じ、嬉しくなりました~☆


やすらぎのひと時を、ありがとうございました(ハートマーク)

個展は明日、6月3日(日)までだそうです。
お近くの方は、ぜひ☆

詳しくはこちら
2018年05月25日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です。

アナスタシア・ジャパンのお庭には、アマガエルの王様が住んでいます。
名づけて「アマ王」。
何歳かは存じ上げませんが、
かな~りデカイです☆

彼の背中は、
それはそれはしなやか~な抹茶オーレ色に輝き
しっと~りしています。

そして今年は、
ありがたいことにそのお姿を拝見することができました。

4月末ころに地上に出ていらっしゃって
雨が降る前になると
雨乞いの歌をうたわれます。

先日も、お歌を披露され、
その効果があってか、翌日は朝からしとしとと雨が降っておりました。

アマ王の歌声が聴ける季節に入り、
めぐりゆく季節の移り変わりを感じることのできる豊かさに
ありがたいな、と思うのであります。

デスクに向かいながら、今年も愉しませていただこうと思います。
2018年05月19日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です。
7巻の缶詰め作業が続き、正直なところ身体が鉛のように重い・・・です。
産みの苦しみでしょうか・・・
2018年05月12日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆

先日、北海道のMさんが、春の恵をたーくさん送ってくださったの。
Mさんは、毎年、春と秋になると、北海道の自然の恵みを届けてくださる
北海道のサンタクロースさん☆

今年も、行者ニンニクやら、高麗ニンジンの祖みたいなやつとか、タラの芽などが
段ボール箱に入って届いたんです、お手紙が添えられて。

読むと、こういうことでした。
Mさんは北海道の山々に土地をお持ちで、
そこで自然の循環を少しだけ手助けしながら、
行者ニンニクなどの種をとり、蒔き、増やしていらっしゃったんです。
それも何十も。
具体的には40年以上だそうです。

それは、お金のためではなく、
天然の行者ニンニクなどが、北海道から絶滅しないよう、祈りを込めて。
今、スーパーや八百屋さんに出回っている行者ニンニクは
農薬をたっぷりかけて畑で育てられているものなんですって。

それに山菜採りに来る人たちが、Mさんの土地に侵入し、
これらの恵みを、断りもなく、
ぜーんぶ、根こそぎ、一本も残すことなく採っていってしまうんですって。
そういう人たちが、たくさんいるそうなんです。

採っていくだけならまだいいのだけれど、
行者ニンニクの息の根を絶えるような採り方をするそうなんです。

ご存知でしたか?
行者ニンニクは、茎が白いところから折ると、もう生きることができず、
枯れて死んでしまうんです。

また、Mさんの手紙には、
終活の年齢になったので、もう山へは入らないことにする、
と書いてありました。
今年の行者ニンニクが最後だということでした。

そして、40年と育ててきた行者ニンニクを
心のないひとたちに殺されてしまうよりは、
わしがその命をとって、あなたたちに食べてほしい・・・と。

そう、今年のMさんの行者ニンニクは、異様に太かったのです。
それは、40年ものの行者ニンニクだったからでした。

Mさんのあたたかい想いがあって、
40年もの歳月をかけて、ここまで太く育ち、
また、子孫を残してきてくれた行者ニンニクたち。
ツヤといい色合いと言い、ずしっとした存在感の行者ニンニクたち・・・。


白い茎のところから、切られていて
もう命を戻したくても
戻せない 行者ニンニクたち・・・。

わたしは、涙が止まりませんでした。
本当は食べたくなかった。
元の姿に戻したかった!
でも、もうこの姿になってしまった以上、感謝して食べるのがすべてにとっていいのだと言われ
心して、心していただきました。

でね、
その晩、
夢の中に行者ニンニクの精霊が現れたんです。
そしてビジョンを見せられたの。

それは、狩人に射止められた鹿が、山の中で倒れていて、
血を流しながら死んでゆく姿でした。

そして行者ニンニクの精霊は、声なき声でこう伝えていました。
言葉にすると、こんな感じです。

『すべては生命のエネルギーなんだ
すべてに生命のエネルギーが宿っていて
わたしたちは、それによって生かされている』

その鹿のシーンから、わたしは
あー、生命のエネルギーってこういう感じなんだ!
と、リアルに生命エネルギーを感じたんです。
それは、すっごく躍動していて、とてつもない爆発力を持ちながらも
精妙で、自然界のいたるとことにある
すっごいエネルギー。

あぁ、わたしたちは本当にホントウニ、生かされているんだ!!!

少量でもいいから、生命のエネルギーを宿しているものを食べるようにしよう。
生命力を感じるものであれば、なおさら感謝は大きくなるしね☆
不思議なことに、只今作業中の7巻のタイトルを連想させる出来事でした☆

☆追伸☆
山菜採りに行かれる方へ
植物たちの命を根絶しないように、彼らがまた芽を出せるように
山菜の採り方は学んでから、山菜採りに行ってね☆
また、すべての山菜をとり尽くさないでね。
動物たちも食べるし、来年も芽が出るように、みんなで気を配って、
感謝の気持ちいっぱいで、山菜採りに出かけてくださいね☆
わたしも、もっと自然界の知恵を学ぶように心掛けていきたいと思います☆
2018年05月06日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆
今日がGW最終日で、ガッカリしている方もいるのでは?
いえいえ、まだ数時間残っていますよ☆
最後の1秒までエンジョイしてくださいね~!

わたしたちは、今日も連日連夜の7巻の作業が続いています。
毎日ずーっと座ったままの姿勢が続き
いつもより何倍も、肉体的&精神的なケアが必要となります。
それに、
わたし、
疲れると、いつも舌下に口内炎ができてしまうのですね・・・。
これが、かなり痛いんですわ~
とにかく、
舌下に口内炎というのは、
食いしん坊なわたしにとって天敵であります。

そして、毎年、そんなわたしを救ってくれるのが
尾鷲にあるマリーナ甘夏ファームさんの甘夏たち☆ なのであります。



マリーナファームさんのご夫妻が10年前から無農薬・無肥料で育てた甘夏たち。
これを1日1つ、いただきます。
口内炎が大きくなってしまった際には、2個くらい。
そしてシベリア杉のオイルも普段より多めに飲みます。
すると、数時間後には口内炎は消えているのです!
どんなビタミン剤よりも、
この甘夏&シベリア杉のオイルがテキメンに効きます!

マリーナさんが心を込めて甘夏の木をお世話してくださっているから
甘夏たちの意志も強いのかもしれませんね☆
感謝ですぅ(ハートマーク)。

ちなみに、マリーナファームさんはアナスタシア読者なんですよ☆

オーナーになっている甘夏の木は
今年もたくさんの実をつけてくれたそうです。
友人やお世話になった方にも
もぎたてを贈り物にしています☆

みなさんもぜひビタミン補給をしてくださいね。
すてきなGWをお過ごしくださいますよう☆
2018年04月27日
こんにちは、アナスタシア・ジャパンの岩砂晶子です☆

さて、嬉しいお知らせをふたつご紹介させてください!

◎マーマーマガジンの服部みれいさんの
新作『SELFE CLEANING BOOK 3 うつくしい自分になる本」の中で、
「アナスタシア」シリーズをご紹介いただいたんですよ!

こちらがその本です☆


SELFE CLEANINGが必要だと感じている方、ぜひ読んでみてくださいね!

みれいさん、ありがとうございました(ハートマーク)。

◎それから、次は、ヒナ子通信でーす☆
ヒナ子さんが旅立たれてから、2週間が過ぎようとしてます。
ヒナ子さんと、一度は別れ別れになってしまったご兄弟の生き残りのもう1羽が再会され、
最近に置かれましては、元気に飛行練習とエサGET練習にいそしまれていらっしゃいます。

母親と父親の指導のお声が、
かなり騒がしいレベルで、
事務所の前の草原周辺から響きわたっている日々でございます。

昨日は、
ヒナ子さんとご兄弟が、電線にとまって
まだ短い尾っぽをちょこっとピンコピンコさせながら、
飛んで行かれる姿を拝見することができました。

もう数日もすれば、本当の巣立ちの時期でしょうか
わたしは、ヒナ子さんたちの幸せを願ってやみません☆

さて、明日からGWですね。
わたしたちの方は、7巻の作業も佳境に入り
GWなしで頑張ります☆

では、みなさま、すばらしいGWをお過ごしくださいますよう☆
2018年04月20日
こんにちは、アナスタシアシリーズの岩砂晶子です☆

先週の日記でシェアさせていただいた、
百舌鳥のヒナ子騒動のつづきです☆

翌朝、段ボールの巣箱からピーピー鳴くヒナ子。
あー、お腹が空いたのね~。
はいはい、承知しました☆

お庭に出してしまえば、
また猫ちゃんに遭遇するかもしれないリスクを鑑みて、
2階のベランダにダンボールごと出してみることに。
すると即、親鳥が飛んできたのでありました。
親鳥も、朝起きたら子どもたちがいなくなっていて、さぞかし心配したことでしょう。
そして、
親と子のピーピー会話がはじまったのでありました。
ヒナ子、親が見つけてくれて本当によかったね!

その後、親鳥たちはせっせとヒナ子にエサを与え続けたのでした。
あー本当によかった!
胸をなでおろした わたしたちでした。

さて、
ヒナ子が落ちてから、今日でちょうど1週間が経ちました。
で、「今ヒナちゃんはどうしているの?」 と思うでしょう。

ヒナ子さんの段ボール住まいは2泊となりました。
というのも、ヒナ子のジャンプ力は毎時にアップし、
そのうちに屋根に登り、モッコウバラの茂みの中に移動されてしまったのでした。
こちらの写真が、屋根の上に広がっている、一面レモン色のモッコウバラ。
きれいでしょ~(ハートマーク)


その中にちょこんと頭を出しているヒナ子は
格別にかわゆかったですよ~
残念ながら、シャッターチャンスはいただけませんでした☆

こちらは、ヒナ子さまがモッコウバラの屋根から落ちてしまった際のことを考えて
スタッフが編み出した
ヒナ子受けますトランポリン☆
(完全に過保護です☆)



その晩をモッコウバラの茂みの中で過ごしたヒナ子さんは、
翌日には、自らお庭の木々のところまで下りていかれました。
でね、これがその際に撮った写真です。
ヒナ子はどーこだ? わかるかな?


クロースアップがこちら☆



親鳥の指導のもと、飛行練習はつづき、
お庭の垣根を超えて、お隣さんのお庭に飛んでいかれました。

きっと今頃は、力強く大空を羽ばたいて
モッコウバラのずっと上を飛んでいるのでしょう☆

ヒナ子ちゃん、レモン色のひとときを、ありがとう(ハートマーク)
«前のページ 1 ... | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | ... 27 次のページ»