「響きわたるシベリア杉」に掲載の杉の実のオイル等を販売アナスタシア・ジャパン

ニュース&イベント

Shop Info

よくある質問

お客様の声

お取り扱い店希望のお問い合わせ

お取り扱い店一覧

監修日記

ロシアからのニュース

ホーム監修の日記
監修の日記
監修の日記:474
«前のページ 1 ... | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 次のページ»
2013年05月23日
今回の旅はご家族でのご参加もあり、異例の10名という大世帯。
5月15日 16時に成田空港に集合。
6日間の旅がスタートしました。

もう成田空港の時点から、みなさんしっかり溶け合ってました。
初対面だとは信じ難い~感じ。
さすがアナスタシアが引き付けてくれた旅仲間たちだわ~(笑)

 



先ずは成田から香港へ。
香港に到着すると蒸し暑い生~い空気がお出迎え。
ここは30℃ですものね。
フライトは遅れたものの、
今夜のお宿である香港空港に隣接したマリオットホテルに無事到着ー。



う~ん、なんてデラックスなお部屋なんでしょう。
このデラックス様をほんの数時間しか味わえないなんて
モッタイナイです!
と思いながら、4時にモーニングコールを設定して、ベッドに沈むように寝ました。



翌朝。いや正しくは『今日』の5amだったんですが
ホテルのフロントに集合。
7:15発のフライトで一路ノボォシルビスクに出―発!
ちなみにこちらがS7の飛行機。



みなさん早朝からハイテンション。
昔からの友達だったかのように、朝から笑いが絶えず、初対面感がゼロ。
不思議な仲間たちだわ~



この便は満席でした。
6時間後、私たち一行はシベリアの首都とも呼ばれているロシアで3番目に大きい都市、
そして我らがヴラァディメー(ウラジーミル)・メグレ氏が住んでいらっしゃった街
ノボォシルビスクに降りたのでした。
タラップで飛行機から地上に降りると、冷たい風が吹いていました。
うっ、今はお昼だから大丈夫だけれど夜は冷えそう・・・。
ロシア人のみなさんは、長袖のジャンパーや革ジャンを羽織っています。
ここはシベリアだ~!
写真を・・・と思ってカメラを出したら
警備のお兄さんに「ニュエット!」と言われちゃいました。
あら、ノーなのね。残念~。

イミグレーション(入国審査)では、
「ありがとう」を意味する「スパシーバ」を最初から連発し
イミグレーションのおばさんに苦笑いされながら
全員ロシア連邦に入国完了―!
到着ロビーではシベリアのスタッフが出迎えてくれました。

シベリアの空は青く
まだ初春の冷たいそよ風が吹いていました。
みなさん ようこそシベリアへ!



つづく・・・
2013年05月21日
ただいま~
昨夜、タイガの森の旅から戻ってきましたよ。
あまりにも濃密な旅で、
どこからお話ししたらいいのか分かりませーん!

今回はご家族でのご参加もあり、異例の10名という大世帯。
全員が初対面だったのに
友人という枠を越えた家族のような仲間。。。。。
すばらしい旅となりました。

私は今、まだ旅の余韻を愉しんでいます。
それは『感謝』という言葉でしか表現ができません。
私にとってこの旅はまさに ギフト ― 贈りもの となりました。
アナスタシアに、旅の仲間に、シベリアのスタッフのお一人おひとりに、
タイガの森に、キン・エステートのご家族に、シベリアに、
日本で待ってくれていたみなさまやスタッフに、
すべてに感謝です。
ありがとう!

私は、今回の旅家族のみなさんのおかげで、
自分の役割を受け入れることができました。
さらに心して、精一杯、誠心誠意努めます。
みなさま、応援をどうぞよろしくお願い申し上げます。


旅のお土産話は、これから日記に書いていきますね。
今はまだ頭がシベリアでいっぱいですので、
今日はここまで~。(うふふ)
2013年05月14日
初夏を思わせるほど暖かな毎日。
ぬくぬくできて嬉しいですね~。

店長は明日からタイガの森に出かけてきます。
準備は今からデス。
タイムリミットを若干感じ始めました・・・
パッキングしなきゃね。。。

今日は気になる映画をご紹介します。
私はまだ観ていないけれど、
素晴らしい映画だというニオイがプンプン漂っています。

タイトルは
よみがえりのレシピ

そして!
サブタイトルは
『おいしくて、そして心に効くドキュメンタリー映画』
ね、ステキでしょ?!

これは主婦や農業関係者をはじめ、食品に関わっていらっしゃる方、
そして『アナスタシア』を読まれた方には
には是非ともご覧いただきたい映画だと
アタクシの直観が騒いでいまーす。

映画の詳細は:よみがえりのレシピ

では、5月20日までお店を休業とさせていただきます。
勝手申しますが、どうぞよろしくお願いいたします!

行ってきまーす!
2013年05月08日

アナスタシアは
この世はすべて、ふたつの相反するもの、二元性でできている
と言っています。

生と死、男と女、西洋と東洋、白と黒、プラスとマイナス・・・。
確かにすべては二元性で成り立っていますよね。

調和のとれた生き方とは、この相反するふたつのどれでもない
両方の中間、中道にあると私は思っています。
男性性と女性性の中間、
西洋でもなく東洋でもない、その中道。
マイナスでもなくプラスでもない、その中間。。。
それは両方を経験しているからこそ超越できることなのかもしれません。。。

今挙げた以外の事柄でも、自分の内で超越できれば
素晴らしき中道を生きることができ、
そして明晰性が高まるのではないかと・・・。
ゼロ磁場が自分の中で増えるのではないかと・・・。

だからこそ、
自己の精神性を高める努力だけではなく
自分の周りの環境にも目を配りたいと思っています。
それは肉体をもって表現できる場なのですから。
難しい政治だって意識をしなければ、と思うのです。
そうでないと、自分の精神世界と現象世界の中道を生きられないから。

TPPも、憲法9条も、原発も、
すべて自分のことなのです。

マザーテレサはこう言っています。
「愛の反対は無関心だ」

手遅れになる前に、どうかもう少し知ってくださーい。
生命のために、どうぞよろしくお願いします。

今日はプチ真面目な話でした~。

2013年04月26日
みなさーん

ようこそゴールデンウィーク!
先日はアースデーでしたね。
植物について、アナスタシアはこう言っていますよ!

『植物は人間の感情表現に反応しているわ。
そして壮大な創造主のデザインに基づいて、
植物はひとのニーズに応えるために、
持っている力のすべてを注ぐ。

美しい花を咲かせ
実をつけ
ひとの内にポジティブな感情が湧き上がるように努めている。
実に、私たちが呼吸できるよう
空気中に酸素を用意してくれているわ。』


そしてこれが私の家でモコモコに咲き乱れているモッコク。
見事でしょ!
今にも青空に溶けだしそうなバニラアイスクリームの様ではありませんか!
う~んステキ!
アナスタシアの言うとおり、私の内にもポジティブな感情が湧いていますよ~。

学者もそう訴えていますよ
(緑のポスターの写真)

1本の木の価値は$193,250
カルカッタ大学のT.M.Das教授によると、
樹齢50年の生きた木は、$31、250の価値に値する酸素を作り出し
$62,000に値する大気汚染防止に寄与している。
土壌侵食を抑制し、土壌肥沃度の向上を換算すると$31,250となる。
さらには
$37,500に値する水を再生し
$31,250に値する動物の棲み家を提供している。
この数値には木々が提供してくれる
果実や木材、美しい景観は含まれていない。

森を保護しなければいけない
道理ある理由のひとつがここにある』

みなさま、すばらしい新緑のゴールデンウィークをお過ごしくださいね!
2013年04月24日
最近、ちょっと時間ができたので内観をしています。

「この世の中に、神聖なインスピレーションよりもパワフルなものなどないわ。
でもそれと等しいパワーを持った存在がいる。
神との間に介入できる存在。
それは最もしなやかな教育者、神の実の子。そう、ひとよ」

そうアナスタシアは言っています。
私たちはもっと意識し、覚悟しなければいけないでしょう。
思いに、発する言葉に、行動に・・・。
ふさわしい思いを抱き、言葉を発し、行動する・・・。
心がけなければ・・・
それであると意識しなければ・・・。

2013年04月19日
こんにちは、店長です。
シベリアから荷物が届いてからの3週間、
スタッフ一同、朝から深夜まで精一杯働かせていただきました。
フルマラソンを全力疾走した感じです。
ホント!

その間も、薬膳のワークショップやタイガの森の旅のご案内など
盛り沢山モリモリでした。
盛り過ぎやーん(岐阜弁です)

そんな我々スタッフを支えてくれた
家族、美絵さんとゆうなちゃん、伯父様、親友たち、愛犬奈々子
安全でトレビアンな手作りランチを届けてくださった「みどりのキッチン」さん。
そして、そんな私たちを見守って下さったみなさま。
みなさんがひとりでも欠けていたら、走れませんでした。
心から感謝申し上げます!
あ・り・が・と~(BIGハートマーク)

明日はちょっとお休みしますね。
みなさまもステキな週末をお過ごしくださいネ!
2013年04月16日

「ナッツオイルは金属製のものを嫌うから、木製のスプーンで」
この文句はみなさまももうご存知だと思うけれど、
さてナデ?と聞かれると
「そう本に書かれているから・・・」
としかお伝えできませんでした。

しかし!!
先週末に開催された野崎氏による蔬菜薬膳のワークショップにて
薬膳の基礎を学んだのですが、
ナントそこに出てきたのでありますよー!
説明すると長くなるので控えますが、
おそらくすべてのエクストラバージンオイルは金属を嫌うんだと思われます。
すごーい!
アナスタシアたちは薬膳にも精通していたのね!
というか、
いかに彼らが自然を丹念に観察し
暮らしの中に取り入れるべく英知にまで成熟させているのかを感じます。

春、桜が美しい時期に気が重く暗~くなる人。
これもまた薬膳の季節と身体のながれとして説明がつきますね。

ちゅごーい!
私ももっと自然を観察しよっと。
やっぱり薬膳は自然とともに暮らための英知だわ~ん。



2013年04月10日
あ~店長です。
先日、みなさまに入荷のご連絡のメルマガを配信させていただいたんですが、
その文章の中に「ご拝読」と書いたんです。
でも本来は「ご高覧」なんですね~。
あっちゃ~。

日本語って難Cー。
でも、もう帰国子女を理由にできないしぃ・・・。
失礼をごめんなさいね。

店長の日本語はまだまだ双葉マークですので
ちょっと大目に見てくださいまし。
宜しくお願いいたしまーす。
(双葉ではなくて、若葉か・・・笑)
2013年04月06日

≪続き≫

でもね、今から思うと
あの頃のアタシって
外からの承認によって自分を認めていたのよね。
他人の評価や世間体から観てアタシがどう写っているのか・・・
これもアナスタシアの言う「傲り(おごり)」の一種だと思うのでありますよ。
だから苦しかったのね~

内なる自分でもって自分を認めさえしていれば
実は常に常に春なんですヨ~
余分なエネルギーを使わなくて済むから楽ちんですぅ。
オススメ!

2013年04月03日
公園の桜も、田んぼの土手に咲く小さな花たちも、お庭の木々も
みーんなピンク色。
私の心もピンク色。
それから玄関のお花たちもピンク色。

でもね、
パステルカラーのこの季節が苦しく感じた年も長い間ありました。
だからもし、
今そう感じている方がいらっしゃったら
私はそんな人たちにあたたかな想いをおくりましょう。
そしてそんな方たちが、
ピンク色の春に満面の笑みをうかべている姿をイメージしましょう。

必ず春は訪れるし、冬も来るのです。
そしてまた、春が訪れる・・・。
すべてが、そして自分も、常に変化しているから。
だから大丈夫!

・・・つづく
2013年03月27日
目がかゆいです。
鼻が若干つまっています。
どうやらついに花粉症の症状が出てしまったようです。。。
ガーン~
ショックです。
ただ、例年よりは楽ですねぇ。
いつもだったら箱ごと持ち歩く鼻セレブも、持ち歩いていません。
それから花粉症のスタートが遅かった。
まっ、これだけ軽減されただけでも、ありがたいです!
ナッツオイルを飲み続ければもっと軽減されるのか、引き続き実験しますね。

ところで余談ですが、
というか、完全に脱線します!
先ほどお電話いただきましたお客様と大笑いしました。
あ~涙が出る~。

「ナッツオイルを飲み続けて、髪にツヤが出て、クセ毛も目立たなくなった」
そうお伝えしたかったんですが、
ワタクシ、何を勘違いしたか、
「髪にツヤが出て、ムダ毛も目立たなくなった」
と言ってしまったんですね~。
あは、ムダ毛でなくて、クセ毛でーす(笑)。

笑うと、脳が刺激されて、それが神経へ伝わり
神経ペプチドという免疫機能活性ホルモンが分泌され、
がん細胞の殺し屋として有名なナチュラルキラー細胞が活性化されるそうです。
それから、モルヒネの数倍もの鎮痛作用と快感作用のあるベータエンドルフィン
などのホルモンも大量分泌!
笑うことによって身体が活性化され、免疫力がアップするんですって。
ワタシはバッチリだわ!
あはは



2013年03月20日
今日はアナスタシアの言う大罪のプライドについて
ちょっと書いてみようと思います。
彼女の言うプライドは「誇り」ではなく、「傲り(おごり)」です。
ここはとっても肝心ですから、間違えないで下さいね。

「私は傲っていない」 と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、
おごりって、とってもとっても根が深~いんです。
「うぬぼれ」、「傲慢」、「自尊心」などとも説明できると思います。
(「自尊心」については追って説明させていただきますね)
私の中にも、みなさんの中にも傲りはあると思うんです。
あっ、断言しちゃってごめんなさいね。

ご自身の職業のことを想像してみてください。
例えばあなたは「主婦」だとしましょうね。
30年のベテラン主婦の私。
ある日、嫁に「あら、お母さん、トイレ掃除はこういう風にやってください」
と言われたとしましょう。
正直、一瞬であってもむかっときますよね。
傲り発見で~す!

別の例を挙げてみますね。
外を散歩していたら、空から美しい羽が落ちてきました。
「おや、僕の目の前に天から羽が舞い落ちた。
これは天から俺へのメッセージに違いない」
確かにそうかもしれませんが、そうでないかもしれません。
僕だけのと思った瞬間があれば、傲り発見で~す!

こんな具合に最近ずっーと「傲り」について考えているのですが
どれも共通して言えることは、
主語に私、俺がついたとき
そこに「傲り」があるのかと思います。
別の言葉に直すと、他人と自分に「分離」があるとき だと思うんです。
己の存在を認め受け入れることは大切です。
でも「自分」がある場合、つまり「自尊心」があるということは、
分離があるんだと私は思うんですね。

だからと言って、「あなたと私は本質は一体なんだから、好きなようにさせていただきまーす」
というのも、それもリバースの傲りだと思います。
私はそんなことをする人ではないから大丈夫、と思ったりするんですが
でもね、自分でも気が付かないところで、平気で案外こんなことを言動しているですよ。
ホント!
逆に、他人にされて傷つくこともありますよね。
でもその人は全ー然気が付いていないの。

自分でも気が付いていない、微細なところで
「傲り」をしていないか、
また他人を「コントロール」したり「傷つけていないか」
毎日内観が必要だと思いました。
これは反省ではなく、自分が前進し拡大するためです。

現在は「分離」とはどこから生まれてくるものなのかを内観し続けています。

そうそう、余談ですが、1週間ほど前でしょうか
ツバメ君が巣を探しているのを発見しました。
お帰りなさい、ツバメ君。
今年1番乗り! ステキなラブホームを創ってね!
ちなみにもっと余談ですが、店長の目がかゆいです!
2013年03月11日

東日本大震災から2年が経ちましたね。

全体性の健やかなエネルギーを被災地に。
無念の人びとの想いに
健やかさをの祈りを。
2013年03月07日
アナスタシアがアドバイスしてくれている種まきや植物の育て方は
非常に興味深いですよね。

実はこのトピックに関してはシリーズの中で何冊かに渡って語られているんです。
そこでそれらをひとつにまとめて順序立ててみました!

ぜひ試してみましょうよ~。
春ですから~。

詳しくはよくある質問コーナーの一番下をご参照くださいね。

でね、足を洗うときに使うフレンチ・スピニッジ(Atriplex hortensis 別名 orache)ですが、
何方か「フレンチ・スピニッジ」ってご存知ないですか?
ずっと前から気になっていたのですが、私は未だに見たことがないんですね。
シベリアに行った際にも質問してみたのですが、実物を見ることはできませんでした。
ガッカリ~。
でも、シベリアのみなさんは口をそろえて
「一番大切なことは、お庭を裸足で歩くことよ!」
と言っていましたよ。
そうか、それでいいのだー!

それから「イラクサ」。
ヨーロッパや北米の近縁種「セイヨウイラクサ」と日本の「イラクサ」とは別種です。
細かい針が至る所についていて、触れるとチクチク痛い恐ろしい草なのです。
(店長は、学生時代に、乗馬中にイラクサの上に落馬したことがあるので・・・オソロシヤ)

さて、この恐ろしいイラクサをどうやって絞るのか?!
もちろん手ではなく、すり鉢と棒なので絞ればいいんだけれど、
この植物に触れずにして、どうやってこの葉をちぎるのか?
長いハサミと箸、そして恐れのない強固な心が必要ですなぁ~。
素手で触らないでくださいね。

ちなみに乾燥したセイヨウイラクサ、それも無農薬・無化学肥料のものをネットで発見しましたよ。
花粉症に悩む方の体質改善によいとのことだそうです。
ヨーロッパのセイヨウイラクサは料理・薬用ハーブやコンパニオンプランツとして用いられているそうですし、
ロシアではスープの具としても用いられんですって。
食いしん坊としましては、ぜひとも食してみたいものです。
あんなに怖がっているのに、食べる方は積極的なんですよねぇ~私~。

また、アイヌ民族は、イラクサの繊維から織った布や着物をレタルペ(白いもの)と呼んで
珍重していたどのことですよ。

とりあえず「フレンチ・スピニッジ」と「イラクサ」は宿題としておいて、
今のところは裸足で実践ですね!
2013年03月01日

岐阜は雨が止んだ昨日から暖か~な
なんともまろやか~な気候となりました。
春ですね!

春と言えば桜!・・・桜餅!・・・・アンド・・・花粉症!
何を隠そう店長は大の花粉症持ち。
この辛いシーズンになると、
鼻セレブを箱ごとトートバックの中に入れて普通に持ち歩いていました。

そんなワタクシでございますが
昨年の秋の花粉症は1日でフィニッシュしております!
その日は自宅の目の前の田んぼが稲刈りをしていて、
気が付かずに窓を全開していたのでやむを得ないですね。
これは、ナッツオイルを飲み始めて90日間が過ぎた頃のことでした。

さて、じゃあ春はどうなるの?と実験を続けております。
あれからも飲み続けてきていますが、
1日3回のナッツオイルの摂取はキープできていません。
1回のときも、2回になるときもあります。
それでも続けてはきたのよね。

で、周囲の岐阜人たちは、一般的に花粉症が始まったようで、
マスクをしている人、薬を始めた人、注射を打つ人などが出ています。
でも私はマダ大丈夫なの!
確かに今朝、目に若干のコロコロ感があった。でもそのくらいです。
鼻セレブもまだ買っていないしね。

もし私の春の花粉症が出なければ、それはそれはスゴイことです。
時折、ワタクシの花粉症の状況をご報告していきますね。
2013年02月27日
ちょっと前にとても悲しいことがあったと日記に書きました。
青空を見上げて、魂はちっとも傷ついてなんかいないことを実感したんだけれど
でもね、
やっぱり感情に悲しみの残留物みたいなのがまだ残っているんですよ~・・・
意識を魂に、ある意識の空間にもっていけば爽快な感覚で
問題ナッシングなんだけれど、
この悲しみったら、
色々とワークしているのに取れなーいデス!
ウ~、ここまで落とし込まれてしまうとはぁ・・・ダハハ

そんでもって、昨夜読んだ本にこんなことが書いてありました。
おそらくワタクシのよきヒントになるんだろうと思ってます。
頭ではなくて、肉体レベル、
細胞ひとつひとつのレベルでもその意味を理解できるよう
只今、ワーク中であります。

『欲は、叶わなければ怒りとなり、怒りは愚かな行為を生み出す。
行為の結果を考えると、かならずや欲望が侵入する。
「結果を考えることない行為 - 無欲の行為」にしなければならない。』
(ヨーガの四季No.64 より)

他人に対して、
こうして欲しい、なぜそうしてくれないの? なぜそんなことをするの?
というのも「欲」。
アナスタシアの言う大罪、
つまりプライド(誇り)ではなくプライド(おごり)なんだと思う。

あっ、今日はちょっとツブヤキしてしまいましたね~
2013年02月22日
もう梅のつぼみも膨らみはじめ
何となく日差しも春らしくなってきた今日この頃・・・
そろそろ種まきの季節ね~
何を植えようかな~と考えるとワクワク楽しいー

以前も日記でお話ししました生命の話ですが、
創造主が創造されたそのままの種である、
在来種、固定種をおすすめしまーす。
アナスタシアのいう蒔き方で試してみてください!

在来種、固定種を扱っているお店

★たねの森(無農薬・無化学肥料の種のお店)
たねの森

★野口の植苗
野口の植苗

★髙木農園
髙木農園

他にもありますから、ネットで検索してみてくださいね。
2013年02月19日
『響きわたるシベリア杉』シリーズの著者のお名前は
英語でVladimir Megreと書きます。
発音はヴラディメー・メグレ。

でも何故か日本語にするとウラジーミル・メグレ。
なで?
ご本人を目の前に「ウラジーミル」と呼んでも絶対に振り向いてくれませんけれど・・・
やはり、日本人が苦手とする「V」の発音がいけなかったんでしょうか~?
今から正すことはできないものなのかなぁ~。
一番嫌な気分になっているのはご本人たちでしょうから・・・。

ちなみにプーチンも、ソユーズ1号に乗っていたコマロフも
ロシアの小説家のソローキンもみんなVladimir.
日本でいう「太郎」君のように一般的なお名前のようです。
私のルーマニア人の友人の息子さんもVladimir.
何でも英雄のお名前からいただいたんですって。(キエフ大公のことかな?)

ちなみにこの名前はスラヴ系言語の人名で、
「ウラディミル」「ウラディーミル」など、日本では表記がゆれているのだとか。
ロシア語名では「ヴラジーミル」、
ウクライナ語名では「ヴォロドィームィル」、
ベラルーシ語名では「ウラジーミル」、
ブルガリア語名では「ヴラディミール」、
チェコ語名では「ヴラジミール」、
ポーランド語名では「ヴウォヂミェシュ」なるらしい。
あっ、これはWkiからの抜粋ね。

何でもロシア語の語源的には「世界を征服せよ!」という意味が含まれているとか。
ウラジスラヴァという名前もあり、そちらは「名誉を征せよ!」。
都市のウラジオストクは「東方を征服せよ!」という意味だそうです。
日本人の感覚で言えば、勝男、勝一などに当たる名前だとか。
強い男児になるようにってことかな。
それから、ロシア正教には聖ウラジーミルという聖人がいます。
世界を征服するなんて意味ではなく、
聖人にちなんだ名前とする方が普通かと思います。

それでも、いずれの言語であれご本人は振り向いてくれないということですね。
残念です~
2013年02月15日

店長です。
スタッフも店長ももう力尽きました・・・
もうだめです・・・
今週末はしっかり休みます。

みなさまも幸せな週末をお過ごしくださいませ
«前のページ 1 ... | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 次のページ»